アクセスランキング

profile

Casanova

Author:Casanova
Welcome to the HameBlog.
…FC2… …Zenryaku…
…Chip!!… …Prohoo!…

NEOハメ撮り画像掲示板

…宣伝ok!!…
◆ハメ撮り画像掲示板◆
…旧BBS…


Hot Site!!

▼女性アクセス上昇中♪

▲要注目サイトはココ !!
Powered by
ウリ坊の出会いサポ

最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


RSS feed


BookmarkerList


検索エンジン最適化

mobile AV


SEO measures

PING送信プラス by SEO対策


あわせて読みたいブログパーツ

フィードメーター - 色事師

無料アダルト検索

スカウター : 色事師





BBS7.COM
MENURNDNEXT


  • seo










Group Link


Cool Site!!


Erog Link -01-


Erog Link -02-


Erog Link -03-


Hot Site!!

▼女性アクセス上昇中♪

▲要注目サイトはココ !!
Powered by
ウリ坊の出会いサポ

Blog Ranking

≫FC2ブログランキング
≫人気ブログランキング
≫ブログランキング【くつろぐ】
≫有名ブログランキング
≫人気エログランキング
≫エログなブログ
≫人気アダルトBLOG
≫エログー(エログランキング)
≫NO.1エログランキング
≫ブログの惑星AdultRank
≫裸婦天エログ
≫EROGGER!エログRank
≫ERO-RANK
≫速報エログモンスター
≫BESTブログランキング
≫アダルトブログランキング
≫いいよ☆いいなRanking
≫人気アダルトサイトトップランキング!
≫アダルトランキングエボリューション
≫チャンプでGoGo!ランキング
≫ゴージャスアダルトRanking
≫カウントダウン☆アダルト
≫日本人のアダルト
≫エッチなエログランキング
≫スケベーランキング
≫★エッチブログ★ナンバー1
≫★★ナビメイト★★
≫無修正!!エログランキング
≫激アダルトエログ!!ランキング
≫アダルトブログTOP100
≫SEXYブログランキング
≫エロ動画&エログ人気ランキング
≫えっちブログなび
≫アダルト動画人気No1
≫人妻熟女出会いランキング
≫風俗エログランキング
≫Hガールズマニア
≫エログランプリ
≫即ハメ!セレクション
≫アダルトランキングAR
≫エログランキング
≫アダルトブログランキング
≫アダルトブログランキングASP
≫アダルト案内
≫[i2i]相互RankingMaker
≫大人のブログランキング
≫Hな読み物の館
≫日本エログデータベース


≫くる天 人気ブログランキング
≫R-18宇宙最強リンク集
≫Blog Rank7

Search Engine

≫日本海溝JapandeepUG
≫アダルト検索・なごやどおり
≫EROエロNAVI
≫おとなのサーチエンジン
≫アダルトxADULT
≫夜サーチ。
≫アダルトギャラリー
≫PINK BUST SEARCH
≫アダルト検索BBJapan
≫アダルト検索Sa'gasuzo
≫アダルト即索 Pinkhip
≫ブログ検索エンジン31Engine
≫アダルトサーチエンジン「X」エックス
≫やっぱりアダルトサーチ
≫アダルト検索ムヒョーアダルト
≫お勧めアダルトサイト検索所
≫アダルトエンジェル
≫アダルトトレイン
≫アダルト・ドクター
≫総合アダルト検索XAY
≫無料アダルトサイト集「エッチ」
≫Super NAVI ADULT
≫アダルトステーション
≫アダルトサーチときめきの館
≫アダルトスーパーサーチ
≫アダルトサーチPB
≫アダルトシーカー Adult Seeker
≫アダルト検索 Pink-Search
≫Ero Search
≫無料画像ねっと
≫アダルトナビゲーター
≫IKUOO!DMM
≫超エッチ裏ガイドasp
≫超エッチ裏ガイド
≫ZAYX.com
≫アダルトマニア倶楽部
≫無料アダルト検索love007
≫「アダルト缶」エログなび
≫「アダルト缶」あだるとらんど
≫アダルトランクタウン
≫Access Maniax
≫アダルト検索Googlu
≫アダルト検索PlatinumH
≫@Searchアダルトケンサク
≫ADULT THE RANKING
≫エログサーチ


≫壱番館サーチエンジン

出会いポータル


Hot Site!!

▼女性アクセス上昇中♪

▲要注目サイトはココ !!
Powered by
ウリ坊の出会いサポ

SEO Link


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
080930

自分はお姉さん系よりギャルギャルしい子が大好きな26歳の会社員です。
先日『ギャル系、セクフレ募集』の書き込みをしていた香織ちゃんとのアポを確保。
しかし…待ち合わせに来たのはエドはるみを若くしたようなガン黒ギャル。
全然可愛くない(泣&笑)
だが、せっかく会ったのだから、話ぐらいはいいかなと思った自分は近くの飲み屋に入りカンパイ。
話してみるとかなり面白い女の子…苦痛ではないが…
酒が進みなんだか訳の分からなくなってきた自分はムラムラしたのだろう…彼女の胸をモミモミしていた。
「なんだ~やっぱしたいんだ~」なんて言って、ヨレヨレの自分は香織ちゃんに連れられホテルへ…
可愛くない子に限ってテクがハンパない事があるが、香織ちゃんはフェラが絶品。仰け反りっぱなしで自分でも笑ってしまった(笑)
そして気持ちよさだけでギンギンになっているち○こにまたがり絶叫、悶絶する香織ちゃん。
翌日、帰宅後に「またエッチしようね」とお誘いのメールが…

酔っていたとはいえなんだかんだでヤッテしまった。やばいなぁ…この女フェラが超うまかった。また会ってみてもいいかなぁ…でもこのまま癖になったらどうしよう……
と心の格闘も虚しく次の日にまんまと誘いに乗ってしまいました(笑)


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

080929

俺は本当ツキが無い。そんなしょうも無い俺のことを癒してくれる優しい女性を探そうとサイトに登録したんだけど全然みつからないんです。
そう思っているとやっと俺にも女の子から連絡か入った。
もちろんすぐにアポを取ったんですけど今までのことを考えるとなんだか少し不安だったんです。
でもそれが考えすぎだということは逢ってみてスグにわかりました。
彼女は亜希子さんといって34歳のまだまだ女盛り!それなのに未亡人だなんてなんだかもったいない気がしてきました。
逢ってみると亜希子さんはとても明るく積極的で割り切りのお付き合いがいい言ってました。
俺のほうはただエッチすることだけが目的なのでそういってもらえるとなんだかほっとします。
早速二人は時間もないのでホテルに向かうことにしました。
部屋に入ると亜希子さんはキャミソールを脱ぎ捨て下着だけの姿で俺の前に立ちました。
ショーツからはうっすらと陰毛が透けて見えとてもエッチな感じ。
ブラに手をかけると張りのある乳房があらわになる。
俺はちいさめな乳首を口に含み強く吸い片手でもみしだいた。
そしてトランクスのゴムに手をかけ一気に下ろした。
亜希子さんの目の前には肉棒が反り返る。
「すごーい・・これが中に入るんだね」
そう言うと亜希子さんは震える手で肉棒をにぎりしごき始めた。
俺のペニスは柔らかな手でしごかれ堅さを増し空を見上げ始める。
俺は亜希子さんの両足を大きく開かせるとむしゃぶりつくように割れ目をなめ、舌をこじ入れ強く吸い始めた。
そして唾液で光るいきり立つ肉棒を右手に持つと秘穴を亀頭でこじ開けるように腰を落とし息を切らしながら激しいピストンを繰り返した。
いつの間にか亜希子さんは俺の背中にしがみつき俺の動きに合わせて自ら腰を使い始めた。
やがて、亜希子さん体内奥深く、温かい白濁液が解き放つ。
「あああっ!」亜希子さんも絶叫と共に同時に果てた。
「わたしたち・・相性いいかな?」
そういうと未亡人の亜希子さんは何度も求めてきました。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080928

外を歩いてて、ミニスカにブーツの子ってだけで無性にナンパしたくなるんだけど、あの魔力は何なんだろねww

投稿したのはサイトで知り合った美咲。最近、彼氏に振られたみたいでちょっと自棄になってる感じだったから、「パーっと遊んで全部忘れちゃいなよ。オレも付き合うからさー。」なんてベターな会話してたら、以外にも即アポゲット。
お馬鹿キャラ入ってる子は素直って言うか、簡単って言うかww

駅前で待ち合わせて一緒にご飯食べて、ボーリングでストレス発散。
んで「疲れたねー。どっかで休もっか?」なんて、ここでもベターな会話でホテル連れ込み完了ww 本当にどれだけですかww

全裸にしてみて気付いたんだけど、この子って乳首がかなりちっちゃい。そりゃーデカ乳輪よりはいいけどさ、ちょっとつまみにくいのが難点かなーってww
そんなちっちゃ乳首でも感度はバツグンみたいで、指先でコリコリコリコリしてたら喘ぎ声が。
いや、喘ぎ声なんて可愛いレベルじゃなくて、悲鳴に近いぐらい大きな声を出されて本当にビックリしたよ。だって、思わず枕で顔を覆っちゃったもんマジで。いやーあの大声には焦った焦ったww


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080927

ぼくが、沙織と知り合ったのはつい最近のことなんです。
彼女はまだ23歳で見た目はちょっと地味な感じの印象がする普通の女の子ではじめて会ったときはおとなしい性格なのかなと思っていました。
しかし、沙織の緊張がだんだんとほぐれてきたのか少しずつ自分のことを話すようになり今まで誰にも言っていない秘密を教えてくれました。
なんと沙織はレイプ願望があるというんです。子供のころに近所の男の子と遊んでいていきなりパンツをおろされた思い出がありその時のなんともいえない刺激が忘れられないというんです。
ぼくはとても戸惑ったのですが沙織のお願いを聞いてあげることにしました。
後日沙織が着替えを持ってきたことを確認すると無理やり衣服を切り裂いてまだシャワーを浴びていない僕のチンチンを舐めさせました。
沙織は嫌がって泣き叫びましたがぼくは初めての経験で興奮してしまいチンチンをビンビンに硬くさせたんです。そしてまだ濡れていない沙織の下の口に突っ込んでやりました。
彼女は苦しそうにしていましたがだんだんと気持ちよくなってきたのか下の口がぼくのちんちんを締めてきます。たまらず沙織の下の口から抜いたのですが少しだけ中に漏らしてしまいました。
その後彼女からは連絡がなくなったのですが子供ができたのかどうか少し心配しています。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080926

私は妻に数年前に先立たれたちょっと淋しい中年です。
とはいえまだまだアソコは元気なので若い子の肌を見たりするとムクムクします。
さすがにこのままではマズイなと思いその対策としてサイトに登録してみたんです。
この歳ではあまりワガママはいえませんが出来たら若くて可愛い子がいいな。などと思っていたら郁美という19歳の大学生から連絡を頂いたんです。
でも罪悪感を感じた私は背が低くて少し頭の薄くなった中年だということを伝えました。
しかしそれでも郁美はかまわないというのでその言葉を本気にした私はすぐに逢う約束をしてしまいました。実際に会ってみると少し小柄でおとなしい子でした。ここは私がリードしなければと思いすぐにタクシーを拾って町外れにあるホテル街に向かったんです。
そしてエレベーターの中でたまらなくなった私は郁美ちゃんにキスしちゃいました。
部屋につき郁美ちゃんの服を脱がせるととてもきめ細かい白い肌が露出する。
こんなにドキドキしたのは何年ぶりだろうなどと思いながら両手で乳房をもみはじめました。
私はクンニが大好きなので「いっぱい気持良くしてあげるね。」そういうと郁美ちゃんのパンティーを脱がせたんです。隅から隅まで舐めつくすとだんだんとヌレヌレの大洪水になってきました。
郁美ちゃんは、腰をくねらせ、おとなしそうな顔からは想像できない声を出しました。
それを聞いて私のものも久しぶりに硬くなり反り上がってきたので亀頭に郁美ちゃんのマン汁を絡ませて、それでクリトリスをなでなでする。
快感に郁美ちゃんが太ももをふるわせてきたのでメス犬の体位にさせて、後ろから侵入。
ズンズン突くと郁美ちゃんは目をむいてシーツをつかむ。きれいなアナルを指でなぞってやるヒクヒク動いた。
そのまま腰を振り続け、生だったので最後はお腹の上に射精した。
郁美ちゃんも「ヒッ、ヒッ、もうイカせてっ」と声をあげながら昇天したみたいです。
今はこんなエッチな中年の相手をしてくれた郁美ちゃんに感謝の思いで一杯です。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080925

だんだん暑くなるにつれ、ボクの出会いのほうも調子が上がってきました。
夏になると女の子も薄着になりその開放感からかエッチな気分になるのかもしれませんね。
この前ゲットした娘は日焼けの後がとっても可愛い19歳の恭子。
彼氏はいるけどエッチが下手で余り気持ちよくしてもらえないらしい。
ボクだってそんなに上手いとは言えないけどその分愛情たっぷり気持ちよくしてあげる!ていったらすんなりOKしてくれたんです。
会って見るとかわいい笑顔に一目ぼれ軽くお茶した後近くのホテルに行きました。
ホテルの部屋に入るとふたりはソファでいちゃついた。
並んでテレビを観ながら抱き合い、唇を合わせた。
ボクは、恭子のタンクトップの上から小さめの胸をまさぐると恭子は、ジーパンの上からボクのモノをまさぐってきた。
それからトランクスの中に手を入れてきたと思うとチンポを口に含み、丁寧に舐め上げている。
ドクドクドクドク・・・。恭子は口をすぼめて、飲み込んだ。
そっと顔を上げると、形のいい唇の間から、白い液体がわずかに滴り落ちてきた。
ボクは恭子を、ベッドに仰向けにして、脚を大きく広げた。
その間に顔を入れて恭子のぬかるんだ秘部を舐め回した。
ゆっくり舌を入れると、恭子の太ももが震えてきて蜜壷から泉が湧いてきた。
起き上がって恭子のふっくらした脚を抱え、堅くなった肉棒に指を添えて、秘肉に押し込んだ。
膣内は湿っていてボクのチンポはすんなり入った。ボクは挿入感を楽しむように、亀頭部分
から根元までゆっくりとピストンした。すると腰を振るたびに、恭子が肉棒を締めつける。
そして腰を振るスピードを上げると、恭子の身体が浮き上がり、小さく震えていた。
たまらずチンポを引き抜くと恭子のかわいい顔に、ボクの体液をかけちゃった。
タオルで綺麗に拭いてあげると二人はベッドで何度も身体を重ねました。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080924

でろ~んって感じ(笑)
こういう乳ってとってもパイズリしやすいんだよね~。
両側から完全に挟み込める乳ってすごくいんだよ。私的にはマンコよりも気持ちいいからねww

この巨乳の由真さんは28歳独身でバリバリのキャリアウーマン。
スーツ姿の膨らみは激ヤバ。

しかもお姉さん系でエッチの時は可愛がってくれるから超イイ!

「どこがいいの?先っぽ?それとも玉」ってな具合でフェラチオしてくれちゃったり、「挟んであげるね」ってなかんじでパイズリしながらお口で先っちょ吸引してくれちゃったりww
大きくなったらまずは跨ってもらって、騎上位で揺れまくるお乳を凝視。飽きたら乳を鷲掴みにして揉みまくり舐めまくる。
「あ~んもっと吸って、下から突いて~」なんて言われちゃったらもう突き上げまくるしかない。
ある程度騎乗位に満足したら、ボクの好きな正上位での揺れるというより震えてる乳のブルブル感を楽しむ。
そんで、もう絶頂って時は目を凝らさないとぼやけて見える位の揺れで乳がプルプルプルプルプル。震度6強(笑)
何時倒壊してもおかしくない位のマグニチュードを出す由真さんのお乳に感無量っす。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080923

自分は学生時代に部活の先輩と付き合っていたせいなのか昔から年上の女性に憧れていて余り若い子には興味がわきません。
もちろん街で見かけたりするとかわいいなとは思うんですけど精神的なものなのか自分でも良く分かりません。
社会人になってからは彼女も出来ずとくに好きな女性もいなかったのですがやはり淋しいなと思い前から気になっていたサイトに登録してみました。そのサイトは比較的大人の女性の登録も多いということでしたのでスゴク期待していたんですけどそこで知り合ったのが洋子さんで年は33歳なんです。
旦那さんは出張が多くたまに帰ってきても全然かまってくれないとのこと。
そんなこともあり陽子さんは自分が誘うとスグにホテルに行くことにOKしてくれました。
部屋に着き自分が年上好きなことを言うと陽子さんは笑いながら「そういう人は結構いるから大丈夫だよ。」と優しく言ってくれました。
それから二人でお風呂に入ったのですが浴槽の中で抱き合い愛撫し合っていたら自分のものがムクムクと大きくなってきました。それを見た陽子さんはフィラチオをしてくれたんです。
するとそのテクニックがとても凄くてたちまちチンチンが硬く反り返ってしまいました。
フィラチオの気持ちよさに身体をヒクつかせているとタマタマまでマッサージし始めたんです。
余りの快感にたまらず口の中に射精してしまったんですけど陽子さんはゴックンしてくれました。
自分ばかり気持ちいい思いをするのは悪いので陽子さんの固く尖った乳首を舐めながら愛液で濡れていた花弁に指を入れてクンニしてあげました。
するととても感度がいいのか身体を仰け反らせながら喘いでいました。
陽子さんの感じる部分を指で探り当てそこを強く責めてあげると昇天してしまったんです。
その後はベットの中で何度も何度も求め合っちゃいました。
やっぱり年上の女性は最高ですね。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080922

初めてメールしたのはいつだったっけ…?と忘れちゃうくらいなかなか会えなかった女社長さん。つか、忙しいんだね。やっと会えたこの日も二時間くらい待ったかな。今まで、待ち合わせしてやっぱり駄目ってなったことがあったからこの日もちょっと諦めムード。二時間でも三時間でも待ってみようと思って…まぁ、他にやる事もないし、最近では待ってるのも結構悪くないって思えるから。信じるものは救われる…って言葉があるけど、本当だったよ。信じてみるものだね。待ち合わせに現れた女性はいかにも「デキル女」オーラを発して僕に近づいてきた。それが美代子だと僕はすぐに分かった。けど、緊張でなんていっていいか、どんな顔していいか分からなくなっていたのも本当の所だった。メールだけ簡単に送れる言葉もなにもでてこなかった。今日もまた空振り…と勝手に思い込んでいたからかもしれないけどね。メールは結構頻繁に交換してたから、美代子さんは僕を身近に感じてくれてたみたい。美代子さんのほうから「ハジメちゃん?」って言われてぎゅうってされたのはよく覚えてます。で、高そうなホテルのレストランでディナー?でワインだかなんかお酒のんで…さぁ!!ってときに美代子さん爆睡。パンツ見えてます。で、その下着+ガーターに欲情しつつ…寝ている美代子さんに悪戯したのは内緒です。…バレてたけど。
社長業ってきっと大変なんでしょうね。やっと美代子さんには会えたし、帰りにタクシー代って厚い封筒くれたけど、結局エッチできなかったし…今度はいつ会ってもらえるんだろう…


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080921

女の子ががイキまくる姿ってのはマジ興奮します。
ユリちゃんはまだ21で最近色々なエッチに興味があるとのことで、この日は擬似レイプ的にホテルの部屋に入ると同時に服を着せたまま襲い掛かる的なプレイをしてみました。こういう擬似レイプ願望のある女の子って本当にいるんだ、と妙に関心したりしました。さらにユリちゃんには内緒で、彼女が今まで使った事がないと言っていたバイブをこっそり持ち込んで準備は万端。
 夏は終わりかけと言ってもまだまだ暑い。汗ばんだ肌が一層エロい気分にさせるのは言うまでもないです。ホテルに入り、部屋を決め、逸る気持ちを抑えきれない我々は部屋までなぜか早足(笑)ドアをしめてプレイスタート。
後ろから抱きつき、荒々しく服の上から胸を揉みしだき、ミニスカートのナカに手をいれショーツの上からま○こを乱暴に弄る。抵抗してみせるユリちゃんを押さえつけて、期待で既にヌルヌルとしたま○この感触を確認。そのまま指を二本挿入してかき回すと大きな声をだして喘ぐユリちゃん。押さえつけてる私の腕を強く握ったかと思った瞬間、大量の潮がユリちゃんの美脚を伝って大洪水。私はユリちゃんをベッドにうつぶせに押し倒し、忍ばせていたバイブをま○こに挿入。一瞬なにが起きたか分からなかったと言うユリちゃん。バイブのスイッチを入れ、ピストンをするとキャーという叫び声にも似た喘ぎ声を上げて身体を仰け反らせて感じまくり、「ダメ、やめて…」と声にもならない声でビクビクと身体を震わせ、またまた潮吹き。間髪いれずまたピストンを繰り返すと再び絶頂に。コレを何回か繰り返すとユリちゃんぐったり。一瞬、私の方が焦ったのはいうまでもありません。暫くそのままの体勢でいたユリちゃんがいきなり起きて私を押し倒し「仕返し♪」といって今度は私がやられちゃいました(笑)
勿論「お返し」ではなく「仕返し」ということで抜かずに三回…(私の場合、一回イった後はくすぐったいというか、ちょっと辛いんです)正直、嬉しくもあり、辛くもあり…な一日でした。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080920

私は以前は結構女性にもモテたんですけど最近は少し髪も薄くなりお腹も出っ張ってきたせいかさっぱりです。それでも女性と遊びたい私は思い切ってサイトに登録してみました。
そこで出会った子が綾乃で21才の専門学校生です。
綾乃ちゃんはMっ気があるみたいで虐めてもらうのが好きなんだそうです。
私はちょっと変わった娘だなと思ったんですけど綾乃ちゃんが悲しそうな顔で訴えるのでお願いを聞いてあげることにしました。
ホテルにいくとまず綾乃の上着のボタンを全部はずしました。そしてブラをずらされておっぱいが見えるようにすっごく恥ずかしい格好にさせました。
ショーツは薄いレースなので透けて見えるような気がします。
アイマスクを付けて目隠しすると私は「綾乃、脚をもっと開きなさい。オナニーする時にいっぱい開いているでしょ。恥ずかしがらずに見せてごらん。いいね。」
私がそういって虐めてあげると、ショーツにお汁が染み込んでいくのがはっきりわかるくらいあそこを濡らしました。
私はおっぱいと乳首を何度も何度も舌で撫で回してあげました。綾乃は「すごく、気持いい。全身の力が抜けちゃうよ・・・」といって乳首をビンビンに立たせました。
綾乃のショーツをさげると股間は丸見えになりました。すると恥ずかしいことに、お汁がいっぱい垂れてきたんです。部屋中にいやらしいえっちな匂いが漂いました。
私は乳首を揉みながら、クリを舌で舐めました。そして皮まで剥いてクリの芯まで刺激しながらオ○ンコに指を2本入れて、Gスポットを擦り続けました。
「あーん、気持ちいいです。もう、許してください。」
綾乃はクリを真っ赤にさせてアナルがヒクヒク痙攣しはじめました。
そして体がのけぞったと思うと恥ずかしい声をいっぱい出してイッテしまいました
私は涙をこぼしながら放心状態になっていた綾乃の顔をハンカチで涙をやさしく拭いて、頬にキスをしてあげました。
それから二人はお互いに求め合い何度もイッテしまいました。
私もSの気があることに気づかされたようです。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080919

この間ゲットした千夏は少し変わっていた。
年は19才で演劇の勉強をしながらたまにお水系のバイトをしたりしているという。
演劇というといろんな役をこなさないといけないので大変だけどそれがまた楽しいそうだ。
そのせいもあるのか?コスプレの衣装もいくつか持っていると言っていたのでおれはナースと女子高生をリクエストしておいた。
べつにコスプレには興味ないけど千夏が着てくれるというんだから別に文句はない。
ただ若い娘と一緒にエッチするのは久しぶりなのでとても期待していた。
ホテルに入りシャワータイムのあとにさっそく女子高生の制服に着替えてもらったんだけどまだ十代ということもありとっても似合っていて可愛かったです。
その次に裸にエプロン姿になってもらうと今度は凄く色っぽい。
さすが女優の卵だなと思いながら見ていたんだけどお尻を振って挑発する姿におれのアソコもたまらずカチカチになってきた。
四つんばいになるよう指示して足を開かせ熱い秘壺に指を入れて動かしながら、クリトリスから小
千夏は腰を波打たせながら、激しいよがり声をあげ、下腹がビクビク震えだしている。
おれは片手でゴムを装着すると後ろ向きのまま一気に挿入すると太腿がピンと硬直してきた。
だんだんとに腰の動きを速めると「ヌチュヌチュ」とオマンコとチンポが擦れる音が響いてくる。
おれは体位を正常位に変えると腰の動きをさらに激しくしてフィニッシュを迎えた。
出る瞬間チンポを抜いて千夏のお腹の上にぶっかけた。
今度はどんな衣装を着てくれるのかな?と思いながらいつもチンポを硬くしています。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080918

熟女って言葉を聞くだけで何かエロイ妄想を抱いてしまう、そう私は熟女中毒です。
なんといいますか…日常と非日常のギャップと言えばいいのでしょうか…。
今回ご縁があってお会いできたのは倫子さん46才。印象としては穏やかな人妻って所でしょうか。笑う時も口に手をあてて上品な感じで…もう「女」として見てもらえなくて…とよく聞くような台詞を倫子さんも仰っていましたが、全然そんな事ないのに。癒しの大人オーラが私の股間を優しく刺激していました。
そんな倫子さんもホテルの部屋へはいり、一度「行為」に及ぶと豹変。上品な雰囲気はどこへやら、瞳を潤ませ、大きな荒々しい喘ぎ声上げ、ただ本能の赴くままに快感を貪る淫乱奥様へ…磨きぬかれたテクニックに開発された肉体。セックスをするのにこれ以上の相手はないのではないでしょうか!
これです!このギャップが私は堪らないのです。
以前に一度、最初からエロ全開奥様がいたのですが、それはソレでいいものなのですが、このギャップ感にはかないません。もう癖になしまいました。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080917

僕は公務員をしているんですけど老け顔なのとお腹の出た体型のせいかちっとももてません。
悩んでいた僕は気になっていたサイトに登録してみることにしました。
しかし仕事に追われていた僕は登録していたことなど忘れていました。仕事を終わらせ携帯を見ると友紀さんという22歳の女性から誘いのメールが来ていたんです。彼女は友紀さんという22歳の大学生でお金もなく暇をもてあましているということでした。
すぐに僕は次の土曜日に会う約束をしてもらいました。
しかしデートなんてしたことなかった僕はどんな予定を立てたらよいのか分からずにその日を迎えてしまいました。そして約束の土曜日僕は早めについたので本屋に入り雑誌を見てました。しばらくすると友紀さんから少し遅れるというメールが。テンションが下がりながら本屋を出て待ち合わせ場所に戻ると女性が一人立っていたんです。声をかけてみると友紀さんで今着いたばかりだという。
僕は頭の中が真っ白になり今まで考えていたデートプランも忘れてしまいました。
僕は友紀さんにどこか行きたいか聞いてみると当然といった感じで「ホテルでいいよ!」というんです。僕は言われるがままにホテルに行き一番高い部屋を選びました。
その部屋は見晴らしもよく友紀さんはとても喜んでくれたんです。一緒に楽しいバスタイムを過ごした後友紀さんは凄いことを言い出しました。「私誰かに見られながらスルと燃えるの。」そういうと下から丸見えの広い窓に手を付きお尻を突き出しました。すると僕も興奮してきてギンギンに固くなったチンコを友紀さんの恥ずかしい割れ目にあてがい一気に奥まで入れました。
そして窓の外に向かって高速でピストンしました。
友紀さんも恥ずかしさと気持ちよさで顔を高潮させエロい声を出し始めました。
僕が子宮まで届きそうな勢いで奥まで突くと友紀さんは両足をぴんと突っ張らせ絶叫しながら逝ってしまいました。たまらず僕も友紀さんの膣の中に発射しました。
それいらい僕は高いビルがあるとつい上を見上げて友紀さんのことを思い出します。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080916

ボクはファミレスの店長をしていて普段は可愛い子達と一緒に仕事をしているが立場上手を出すわけにはいかない。なので意外と寂しい毎日を送っていたんです。サイトなら問題ないと思い、結構利用するようになりました。そしてここで真由美と知り合ってからは仕事にも身が入り充実した日々を過ごしています。彼女は19歳と若いので結婚の対象にはならないんですけど割り切った関係というものもいいものです。真由美はエステティシャンをしていていつも立ち仕事で疲れた僕の身体を癒してくれるんですけどそれがとても気持ちいいんです。
ですのでその日はいつものお礼に僕が真由美の身体をマッサージしてあげました。
ボクはうつ伏せになった真由美の小さな背中にたっぷりとオイルを塗りながらマッサージを始めました。
すると最初は緊張していた真由美もだんだんと気持ちよさにリラックスしてきたみたいです。
「今度は仰向けになってね。」
ボクがそういうと真由美はちょっと恥ずかしがりながら自分の全てを見せてくれました。
オイルを手にとって真由美の小さめの乳房を丹念に揉み始めるとピンク色の乳首がだんだん硬くなってくるのが分かりました。
ボクは指先を真由美の腹をなぞり恥丘に這わせると身体を仰け反らせ腰を少し浮かせて低く呻き始めたんです。
真由美が苦しがっているのかと思いボクが指の動きを止めると恥ずかしそうにアソコもマッサージしてほしいとせがんでくる。その言葉に興奮したボクは、真由美の蜜壷の中をオイルでヌルヌルになった指で弄ってみた。
すると「凄いっもう我慢できない。」というので指を抜いてボクの大きく硬くなった肉棒を一気に入れた。
そしてだんだんと腰の動きを早め淫核を指先で刺激すると膣の中がきゅっと締まり逝ってしまったようだ。
ボクはひくひくと痙攣する膣の感触にたまらず白い液を発射してしまいました。
その後真由美は、ボクの疲れた身体を優しくマッサージしてくれました。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080915

やはり家と職場の往復では出会いなんてないよな。もう夏だというのに彼女の出来ない俺はいつもそう思っていた。
そのことを同僚に相談するとお薦めのサイトがあるというのでとりあえず登録してみることにした。
すると結構メールは来るのだがなかなか自分の条件に合う人はいないみたいだ。
その日も携帯のメールチェックをしているとOLをしている女性からの連絡があった。
「OLだったら時間も合いそうだな。」そう思った俺はスグに返信してみた。
彼女は美紀という32才のOLで今夜だったら時間が作れるという。
俺のほうもOLにはとても興味があったので同僚との飲み会をキャンセルしなんとか時間を作った。
そして実際に会ってみると大人っぽい感じのする綺麗系で胸元からチラチラ見える谷間が俺の性欲をそそった。美紀のほうもそんな俺の気持ちが分かっているような感じだったので何も言わずに二人はホテルに向かった。
部屋に入り美紀と話してみると薄着で電車に乗ることが多いせいか結構痴漢にあうという。
今朝も怪しい男から痴漢されたのだが大きな声も出せずそのいやらしい刺激に耐えていたのだが
その感触が忘れらせずに俺にメールしたということだった。
たしかに美紀の身体はとてもエッチな感じで痴漢をしたくなる気持も分かるような気がした。
俺は、「もういやなことは忘れろよ。」そう言って美紀のパンティーを脱がせた。
俺もトランクスを脱ぎ、美紀の口元へペニスを向ける。すると美紀は大きくなった亀頭をぺろぺろとしゃぶった。
美紀のクリトリスを舌先で、器用にクンニをすると、「ああ~ん!ああ~ん!」と声を出し始めた。
「そろそろいくよ!」俺はぬるぬるになった美紀の中へペニスを挿入した。
俺は、ゆっくりとピストンをはじめたが、美紀が「アア~ン!もっと早くしてぇ~!」と言い出したので段々と激しくピストンをしてやった。
そして俺は、「美紀、もう出そうだよ!中へ出すよ!」と熱い精液を、美紀の中へ一杯出した。
美紀も満足したらしく身体をピクピク痙攣させているようだった。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080914

ロリフェイスが可愛い七海ちゃん18歳。大人しそうな顔して何気に巨乳とかマジサイコー。どうにかこの子をアポりたくて、他のメールは後回しで頑張ったんだよオレw

それでも気持ちは抑えて「もっと仲良くなったら遊ぼうねー」なんて紳士気取ってたら
「んー。金曜の夜とかだったらヒマだよ。」
ああ、そうなんだwじゃあ遊ぼっかwってすんなりアポ確定。もちろん、心の中では歓喜の雄叫び上げまくりだったけどね!!

近くの和食屋でメシ食ってたら、その場の雰囲気とトークでオレの自宅へ行く事に。
「普通に連れ込んじゃったね。」
「ねー(笑)」
ベッドに座る時の脚のたたみ方が妙にエロい。この子のエロは巨乳だけじゃなくて細かい仕草にもあったのかって今更気付くw
ベッドに座ったままベロベロとキスしてたら「クーたんも連れてきたのー。かわいいでしょ。」って言いながら手には熊のヌイグルミ。えーと、それは天然ですか?計算ですか?w

クーたんをさり気なくかわし、ブラを外しながらデカパイ揉んで乳首まで到達。ベッドに潜り込んでから脱がして下にもそっと手を伸ばす。
「熱くなってるよ。」
「うん。そこもっと触っていじって?」
クリを重点的に責めながら念願のセクロスに成功。ぶっちゃけ、七海ちゃんとヤレるなんて思ってなかったから自分でも本当に驚いたよw


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080913

先日、若妻の千尋をゲットしたよ。
その千尋は結婚3年目でまだ27歳だというのに月に一度しかエッチしてもらえないと言う寂しがりやさん。
僕は千尋の気持ちを察してその柔らかそうな唇にキスをしてやりました。
それから細くて折れそうな鎖骨を撫でツンと上向きで形のいいバストを優しく揉んであげたんです。
すると千尋は舌を絡ませてきて俺の手を下半身に導いてきた。
俺は少し戸惑ったがすぐ思い直し千尋の茂みの奥に触れてみると既にそこはヌルヌルと濡れていた。
指で弄っているとクリトリスに触れ千尋の身体がピクンと反応した。
俺は今度は舌でクリトリスを舐め膣の中を指で攻めはじめる。するとザラザラとした感触のところがあったのでそこを丹念に弄ってあげた。
千尋は気持ちのよさそうな声を出し始めたので俺も我慢できなくり下着を剥ぎ取ってやった。
俺は濡れそぼっている千尋の中にググッと入れるとゆっくりと腰を動かしはじめた。
すると千尋の身体も反応して腰を振りはじめ膣の中をキュッと締めてきた。
「これが若妻の身体なのか!なんて締まるんだ。」
そう思った瞬間に熱い液体を発射してしまった。
千尋の身体もピクピクと痙攣させて逝ってしまったようだ。
しばらくグッタリしていた千尋は「もう一回する?それとも我慢する。」
と問いかけてきたので、精力剤を一気に飲み干すと再び千尋を襲ってしまいました。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080912

俺は若い娘好きなフリーターですけどこの前ゲットした専門学生の加奈ちゃんとやっちゃいました。
19才とは言っていたんですけどちょっと小柄で丸顔の加奈ちゃんはすごく幼く見えましたよ。
ホテルの部屋に入りキスしようとしたら加奈ちゃんが嫌がったのでそれはあきらめました。
彼氏以外にはキスはNGなんだそうですよ。でもフェラは得意だというので俺のチンチンを試してもらったんですけどちょっと大きすぎて加奈ちゃんの可愛い口では無理みたいでした。
でもそんなかわいらしさに興奮してきた俺は小さめのパンティーをずらし加奈ちゃんのアソコの愛撫をはじめました。
まだ経験が少ないのかはじめは少し戸惑っていましたがだんだんと感じてきたみたいです。
クリを重点的に舐めてあげると少し濡れてきたみたいなのでチンチンを挿入してみるとちょっと痛がったんですが強引に入れちゃいました。すると膣がめりめりといって締め付けてくる感じが気持ちよかったです。
腰を激しく突くと苦しそうな喘ぎ声をあげるので犯しているような感じがしてスゴク興奮してしまい腰を動かし続けました。
すると加奈ちゃんも気持ちよさにアソコをひくひくとさせ「早く出して!」というので生のまま溜まっていた精子を放出させたんです。
満足した俺は二人で浴室に行き加奈ちゃんの身体を洗ってあげたのですがその時もまだ俺のチンチンは元気なままです。
それを見た加奈ちゃんは「スゴク元気だねっおっきいね!」といってとても楽しそうでした。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080911

僕は出版関係の仕事をしているのですが、最近は残業もなく早く帰ることが多いんです。
その日も何もすることもなくいつもの様に携帯メールのチェックをしてました。
するとラッキーなことに二名の女性から返信が来ていたんです。
僕は早速19才で美容師の卵という唯ちゃんにメールを送ってみました。
しばらくして返事があり今日だったら八時にはお店が終わるとのことでした。
僕はとりあえず唯ちゃんと駅前のファーストフード店で逢う約束をしました。でもこんな若い娘と簡単にうまくいくはずないよなとちょっと冷静になった僕はもう一人の真理さんにも連絡してみました。少し待って返事が来たんですけど彼女は主婦なので夜会うことは出来ないようなんです。
僕は思い直し期待と股間を膨らませて唯ちゃんを待つことにしました。
約束の時間までとても長く感じました。しばらくして彼女が来たときにはほっとしましたよ。
早速僕は目をつけていた近くのホテルに行ってみようと唯ちゃんを誘ってそこで休むことにしました。部屋に入ると唯ちゃんが少し恥ずかしがったので一人ずつシャワー浴びることにしました。シャワーを浴び終わり僕が椅子に腰掛けると唯ちゃんが冷たいコーラを出してくれ、それからシャワーをしにいきました。
僕は何の疑いも持たずそのコーラを一気に飲み干したんです。
しばらくして僕は股間が熱くなるのを感じ、むらむらしながら唯ちゃんがシャワーから出てくるのを待っていました。シャワーの音が止まり唯ちゃんが出てくると僕はたまらず襲ってしまいました。
しかしそんな僕を唯ちゃんは優しくしてくれて自慢の胸でパイズリしてくれたんです。
その柔らかい胸の感触に僕はたまらずドピュッと発射してしまいました。
しかしすぐに僕のチンチンは元気になりまた唯ちゃんに襲いかかりました。
その後は二人で朝まで盛り上がったのですがなんだか不思議な気分でした。
僕がグッタリしていると「そうとう薬が効いたみたいだね。」
と、とろんとした目をしながらコーラに媚薬を混ぜたことを教えてくれました。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080910

私は、ある高校の教師をしているのですがもう妻とも久しくセックスをしてません。
そのせいか、若い女性を見ると昼間からムラムラしてしまう事もあるんです。
そんな悶々とした日々を送っていたのだが女子大生の聡美と知り合ってからは毎日ハッピーになった。
聡美は19歳なのだがいまどきのことは違ってまだ経験が浅いらしい。
私はクンニが大好きなので聡美のまだ綺麗なアソコを丹念に舐めてあげると息を荒げながら秘肉をヒクヒクとさせて愛液の大洪水を起こす。私はその愛液を吸いながら舐め尽すと聡美は「気持ちいーっひーっ」と声を出し腰をくねらせて子供っぽい顔からは想像できないような痴態を見せるのだ。
私の息子もいつの間にか固くなってきたので亀頭で聡美ののクリトリスを撫でてあげる。
すると聡美が太ももを突っ張らせて身体を震わせる。私は固く反りあがったものを聡美の秘部に当てがい少しずつ挿入した。「もっと奥までっ」というので私は聡美を四つんばいにさせ後ろから突いてやった。
すると先のほうが子宮に触れる感じがして聡美の綺麗なアナルがピクピク動いている。
興奮して狂ったように腰を振ると聡美は大声を上げながら昇天してしまったので私も一緒に射精してしまった。
その後一緒にお風呂に入ると聡美がフィラチオしてくれたので我慢できずに二回目の射精をしてしまった。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080909

先週末の露出デート超楽しかったのさ。
まだ2回目のデートだからそんな予定じゃなかったんだけど、久美の格好があまりに過激すぎて計画変更ってな感じでね。
久美も「むちゃぶり~」って言ってたけど結構ノリ気でさ。
男は振り向きまくりで彼氏じゃないのに、なんか自慢げでいい気分だったしww

その後、もーその時のムラムラ感がたまらなくてホテルに駆け込み3連発で思いっきりSEXを楽しんじゃいましたww
初めてのエッチが印象的で愛称も良かったんでこの関係を続けていけたらとなぁ~思います。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080908

今回投稿したのはアパレル業界で働いてて、上品な顔立ちと理想的なプロポーションを買われて時々モデルもしている留美chan。
待ち合わせは19時に駅前のスタバで。もちろん事前に写メ交換はしていたけど、会ってみたら本物のモデルばりに綺麗だったからちょっと驚いたよw
俺としては、どっかで夕食すませて→打ち解けてきたらラブホに連れ込み!って考えてたんだけど、留美chanの「お家に行ってみたーい!」の一言で自宅お泊り決定w

コンビ二で色々と買い込んで自宅へUターン。それにしても即連れ込みって何とも張り合いのないというか・・・。あ、もちろん楽だから全然いいんだけどねー。
部屋に入ってイチャイチャ。ベロチューしながら徐々に服を脱がせて全裸にさせる。
「何か・・・恥ずかしいよお・・・」
なんて言葉は聞こえないふりで乳首を舌でペロレロ。声が乱れてきたから下も手マンで弄んでやると、留美chanもチンコさわさわ。それを合図にベッドに押し倒して、思う存分ハメまくってやりましたよw

実は今回ハメる以外にも目的がありましてー、それは『おっぱいぶっかけ』なんですけどー。
イクの我慢して胸まで行くのってなかなか難しいもんなんですね!とか思ったよ。あ、別にダジャレとかじゃないですからw


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080907

週末の金曜日きまぐれで登録しておいたサイトからメールが来ていた。
私は家庭もあるのでこういった遊びはしたこと無かったんですけど女性から連絡が来ると嬉しいですね。
彼女は由紀といって派遣社員をしているという32歳。私は早速連絡して約束を取り付ける。
そして逢ってみると大人の女性という感じがしてとても気に入ってしまいました。
私達は居酒屋で軽く飲むことにしたんですけどそこでは由紀は少しさびしそうに職場では若い女子社員からお局様扱いされていると愚痴を言っていました。
私はしばらく聞いていたんですが由紀さの身体から溢れるフェロモンにたまらず息子が元気になってきたんです。由紀のほうは話し終わると気分がよくなったみたいで笑顔で私のことを誘ってきました。もちろん私のほうもそのつもりでしたので二人は店を出てあらかじめチェックしていた近くのシティーホテルに向かったんです。
部屋に着くと由紀は自分の部屋にいるつもりなのかいきなり服を脱ぎ捨て全裸になりシャワー室に入ったので、私もとまどいながら後から入っていきました。
その後ベットに入ると由紀は私の顔に向けて、恥ずかしげも無く大きく脚を開いた。
まるで見せつけるように・・・。
私は愛撫しながらあそこを指で攻め立ててやった。
すると由紀は身体をくねらせて弓なりになり「ああ気持ちいい~きて~~」と声を上げた。
これ以上続けたら逝くだろう・・・。
「逝、逝く・・・」
私はそこでクンニを止める。
「どうして?お願いだから苛めないで・・・」
由紀は切ない声で訴えた。
避妊具を由紀の口で私のモノにつけさせ
「逝かせて欲しいの?」
と少々焦らすようにして聞くと
「う・うん・・・」
と恥かしそうにそしてそのいじらしい姿をみて私は一気に腰を前に突く。
すると由紀は目を見開いて私に抱きついてきた。
私が激しく腰を振ると由紀の身体が何度も弾み、そして絶頂に達したようだ。
たまらず私も由紀の中に射精し崩れ落ちた。
その後妻に対する罪悪感が私を襲ったのですが由紀が
「深く考えるのよしなさい。避妊したんだし!」
と言ってくれたのでまた楽しみたいと思っています。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080906

僕はいつもエロいことで頭の中を一杯にしている普通の会社員なんですけど、先日25歳の教師をしているという志保とエッチすることができた。
志保は仕事柄男性との出会いが少なくいつも男子生徒のセクハラに頭を悩ませていると言っていた。
俺も学生時代は若い女教師をからかったりしたことがあるので始めは志保の話を聞いていたのだがブラウスからチラチラとみえる胸の谷間にだんだん興奮してきて志保の身体を押し倒してしまった。
驚いた志保はいきなりの事で少し驚いていたが、抵抗することはなかったので俺は白い首筋にキスをしながら上着を脱がす。形のいい乳房を揉み薄いピンク色の乳首を音を立てて吸っていると志保の息が荒くなってきた。
股間に手をやると少し湿っているようだったのでスカートとパンティーを一気に脱がせた。
そしてむちむちした太ももを押し開くと若い新鮮なクリトリスが目に入った。
俺はたまらず夢中でむさぼりつくと志保の全身がブルっと震え両足にピンと力がはいるのが分かった。
そして腰を上下に振り出したので俺は志保のべちょべちょになった湿地帯にチンポをこすりつけゆっくりと入れてあげた。そしてゆっくりと抜き差しを繰り返すと志保が涙目を浮かべ悦楽の表情になってきたので俺は腰を動かすスピードを上げて志保の子宮に届くほど奥まで突いてあげる。
そうすると志保は身体をピクピクと痙攣させ逝ってしまったので俺はチンポを引き抜いて志保の可愛い顔に勢いよく射精してやった。
こんな可愛い先生と毎日勉強できる生徒はなんだかとても羨ましく感じています。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080905

自分は役所務めをしている独身で回りからは女の子に縁の無い少し堅物だと思われています。
もちろんそんなことは全然気にしていませんが実は普通の人以上にエッチで少し変態気味なんですよ。
その日もムラムラしていたのでDVDを借りようとレンタルビデオ店へ行きました。
夜、借りてきたDVDをみながらサイト検索していると玲子という女性から連絡があり早速返事をする。
自分のことを伝えると玲子はエッチな男性は大好きなのでよかったら会いましょうといってきたんです。
それから数日後自分は玲子さんと会いました。
身長は170センチくらいバストも大きくモデルのようなボディです。
自分は一目見て釘付けになりチンポはビンビンに勃起してくる。
「すごい可愛いですね。」というと笑みを浮かべて少し恥ずかしそうでした。
玲子は26歳で高校で社会科を教える教師だと話してくれた。
少しぶらぶらしてから2人は近くのラブホテルへ入りました。
部屋に入り玲子のTシャツと短パンを脱がせた。黒のブラジャーとパンティー姿になった姿に自分はとても興奮してきました。
そしてブラジャーを外すと予想していた通りの見事なオッパイが露出した。
90センチのオッパイは垂れることなく、ピンク色の乳首はツンと上を向いている。
玲子のパンティーを剥ぎ取ると知的で上品なイメージからは想像できないほどのシミが付いてました。
自分は玲子を寝かせ、思い切りマングリ返しにして肉ビラを開いた。
凄いきれいなピンクですこし濡れていた。
それからマングリの姿勢だった脚を下ろし、仰向けにして全身をくまなく舐め尽す。
オマンコに狙いを定め挿入すると亀頭部分から根元までゆっくりとピストンした。
次第に腰の動きを速めると、「ヌチュヌチュッ」と膣が擦れる音が響いてくる。
自分は正常位、屈曲位、片脚上げての側位で激しくぶち込んだ。
そして最後は正常位でフィニッシュを迎える。
玲子は放心状態になり絶頂の余韻に浸っているようだ。
激しいエッチに玲子も満足してくれて自分はとっても幸せものです。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080904

私は平和な日々になんだか嫌気が差し少し冒険してやろうとあるサイトに登録してみました。
そこで知り合ったのが紀子でバスガイドをしているという。
そのためかルックスもそれなりに良くスタイルもいいんです。
29才になる紀子は彼氏もいるんですが結婚前にもう少し遊んでみたいのともともと父親のような年上の男性が好きなので私のことを選んだのだと話してくれました。
私のほうもそれを聞いていい気分になってしまい思い切ってホテルに誘ってみたんです。
もちろん紀子はOKしてくれたので私はテクニックでは若い人には負けないぞと張り切りました。
部屋に着くなり紀子にキスをした。
私が唇を重ねるとすぐに紀子の舌が入ってきたので少しとまどいましたが私もそれに応じたんです。
すると紀子は俺の顔に跨ってきてお互いにシックスナインの態勢になりました。
小さめのパンティーを外し股間にに顔を埋めて剥けたクリトリスを口に含み、激しく舌を絡ませた。
すると、蜜壺は垂れ流す蜜ですぐにヌルヌルになる。
「だめーーーっ!!」
紀子は股間から顔を離し、身体を仰け反らせました。
俺は小さな引き出しのなかからゴムを取り出したベットの上で装着しました。
そして暴れる男根を握り締め、期待の表情をうかべた紀子に挿入を試みる。
膣口に亀頭を押し当て、グリグリと擦り付けてみた。
「突き刺すよ・・・」
そういうと腰を一気に前に突き出した。
すると紀子に吸い込まれるように子宮まで達する。
ズブズブと怒張そういうとしたものが紀美子の中心を貫いた。
深く浅く・・・大きなストロークで何度も何度も突くと、時々紀子が腰を前後に動かした。
剥き出しのアナルに親指を当てて揉んでやると紀子は「なにっ?なにっ?」と絶叫した。
アナルに唾液を垂らし、小指の第2間接までを出し入れしながらピストンを続ける。
すると、キューッと膣が締まってきた。
「紀子・・・もう出ちゃいそうだっ!」
「いいよ・・・たくさん出して!!」
俺は快感に耐え切れず紀子の中に射精した。
ぐったりして横になったまま紀子を見つめバスガイドの制服姿を想像すると、私の下半身はまた硬化し始めた。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080903

先日一戦交えたリサ。
プロフ通りの彼女はド淫乱。
私「淫魔だけど大丈夫?」なんて自分で言っちゃうくらいだから相当しょっ!!

事の始まりは先週の日曜日。
三回目のデートでリサと初めてのホテル。
着くと早々「実は私、超エッチだよ。○○さんの事、想像してオナニーしちゃってたんだよね~」といきなりの爆弾発言!
リサ曰く、初体験が遅かったのでエロい想像力が育ちすぎ、俺の声やメールで妄想一人エッチをしてしまうとか。エロ過ぎ(笑)
なんだかもう話を聞いているだけでエロエロ満点の気分になった俺はすぐさまリサに襲いかかった。
遊びなれていない感じのピンク色の乳首にむしゃぶりつくと、リサは「あっダメ、あんイヤ」とかすかな吐息が漏れ。
すでにグッチョリとしたマンコに指を突っ込むと「あ~んそうそう気持ちいい~」と想像以上の反応で喘ぎまくり。
チンコを差し出せば「うわ~いただきま~す」と笑顔でしゃぶってくれちゃうww
挿入するなり、リサの妄想を超えたようで「あ~んそうマジヤバイ、すご~い」と歓喜の悶え(笑)
約3時間4ラウンドのエッチを終えてリサの一言「気持ちいいね~まだイケる?」そこから…更に2回の一言「あ~気持ち良かった~大丈夫?」・・・
無邪気でエッチなリサの為に、当分の間は精力を貯えて生きたいと思います(笑)


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080902

ボクは宅配便の配達をしていてよく綺麗な奥さんの家に伺ったりもするんです。
もちろん仕事ですのでちょっとお茶を頂いたりすることはありますが、特に美味しい思いをすることもなくボクの「奥さん」への憧れは募るばかりでした。
そんなある日なんとなくメールの検索をしていると香織さんという31歳の主婦の方から連絡がありボクはこれは普段の行いが良かったからかな!と思い軽い気持ちで返信してみたんです。
そしてボクが会いたいということを伝えると夜は主人が帰ってくるため時間が取れないという。
ボクはスグにでも会いたかったので会社の有給をとり平日の昼間会うことを約束したんです。
それから香織さんに会ってみると想像したとおりとても綺麗な奥さんでボクの息子もムクムクと大きくなりました。
そんなボクの心を察してか香織さんはホテルに行こうと誘ってくれたので挨拶もそこそこに二人は歩き出しました。
部屋に入ると慣れた感じでお風呂にお湯をためてくれたんですさすがに主婦は気が利きますね。
ボクが先にお風呂に入っていると後から香織さんが入ってきて僕の背中を流してくれました。
その時に背中に柔らかい乳房のが触れてきたので僕は思わず興奮してしまって息子をさらに大きくさせてしまいました。それを見た香織さんが細くて綺麗な指で擦ってくれたんです。
ボクは余りの快感にこのままでは発射してしまうと思い香織さんと身体を洗うのを交代しました。真っ白な背中を洗ってあげてから少し大きめの胸へと手を進めそれから茂みの中に指を滑らせるとそこはもう愛液でヌルヌルでした。ボクはもう我慢ができず香織さんの膣口に息子をあてがい一気に挿入。
「こんな所ではダメだよ。ベットで…」という香織さんの言葉も聞かず腰の動きを早めていきました。
「ああっ」という声を出して香織さんが身体を痙攣させイッてしまうとボクも中に出してしまいました。
それ以来配達先で綺麗な奥さんに会うとその日のことを思い出してしまいます。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080901

男の人は誰でもそうかもしれませんがボクは特別オッパイが好きみたいでこの季節薄着の女性を見るととてもむらむらしてしまいます。いつも頭の中をエロで一杯にしていたボクは仕事中もぼーっとしていることが多かったんです。
そんな退屈な日々?を送っていたんですが暇つぶしにサイトに登録したところ巨乳でかわいい女の子と出会うことが出来たんです。彼女は医療事務の仕事をしている24歳の奈央ちゃんでメガネがとってもよく似合います。
話してみるととても明るい性格でお母さんも妹も結構胸が大きいそうなんです。
そんな会話をしているとボクの頭の中はエロいことを考え出してパニックになりそうでした。
たまらなくなったボクは奈央ちゃんに頼んでホテルでオッパイを見せてもらうことにしました。
ボクが半カップのブラを外しお椀のような形のいいオッパイを眺めていると奈央ちゃんが触ってもいいよと言ってくれたのでボクは豊満な乳房を包み込むようにマッサージしてあげたんです。
だんだん眉間に皺を寄せ快感を求めるように反応している奈央ちゃんの様子を伺いながら乳房を揉んでいく。
奈央ちゃんは小さく開いた口から吐息を漏らしながらボクの手の動きに集中しているようだ。
「奈央ちゃん、一番キモチいいとこどこ?ココじゃないよね?」
そういうとボクは、クリの部分に指を持っていきました。
「は・・・ああ・・・」敏感な部分に触れたのか声が漏れてきました。
「もっと・・・指、動かして・・・」遠慮がちに触ってると奈央ちゃんはそう言ってきました。
ボクは指を早めると奈央ちゃんはアソコをヒクつかせて透明な液体を垂らしはじめました。
指が、クリを何度か擦ったその時に奈央ちゃんの張り詰めたものが弾け、アソコがビクビクってしてイッてしまいました。
そしてボクも、我慢の限界だったので、ビクビクしてる奈央ちゃんのアソコに突っ込み、勢いよく腰を振ると、程なくして果ててしまいました。
そんな、ちょっと入れただけでイクことって、あるんだなぁと自分で驚いたしハズかしかったけど、 あの時はおたがい我慢の限界だったんだと思います。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪



Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。