アクセスランキング

profile

Casanova

Author:Casanova
Welcome to the HameBlog.
…FC2… …Zenryaku…
…Chip!!… …Prohoo!…

NEOハメ撮り画像掲示板

…宣伝ok!!…
◆ハメ撮り画像掲示板◆
…旧BBS…


Hot Site!!

▼女性アクセス上昇中♪

▲要注目サイトはココ !!
Powered by
ウリ坊の出会いサポ

最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


RSS feed


BookmarkerList


検索エンジン最適化

mobile AV


SEO measures

PING送信プラス by SEO対策


あわせて読みたいブログパーツ

フィードメーター - 色事師

無料アダルト検索

スカウター : 色事師





BBS7.COM
MENURNDNEXT


  • seo










Group Link


Cool Site!!


Erog Link -01-


Erog Link -02-


Erog Link -03-


Hot Site!!

▼女性アクセス上昇中♪

▲要注目サイトはココ !!
Powered by
ウリ坊の出会いサポ

Blog Ranking

≫FC2ブログランキング
≫人気ブログランキング
≫ブログランキング【くつろぐ】
≫有名ブログランキング
≫人気エログランキング
≫エログなブログ
≫人気アダルトBLOG
≫エログー(エログランキング)
≫NO.1エログランキング
≫ブログの惑星AdultRank
≫裸婦天エログ
≫EROGGER!エログRank
≫ERO-RANK
≫速報エログモンスター
≫BESTブログランキング
≫アダルトブログランキング
≫いいよ☆いいなRanking
≫人気アダルトサイトトップランキング!
≫アダルトランキングエボリューション
≫チャンプでGoGo!ランキング
≫ゴージャスアダルトRanking
≫カウントダウン☆アダルト
≫日本人のアダルト
≫エッチなエログランキング
≫スケベーランキング
≫★エッチブログ★ナンバー1
≫★★ナビメイト★★
≫無修正!!エログランキング
≫激アダルトエログ!!ランキング
≫アダルトブログTOP100
≫SEXYブログランキング
≫エロ動画&エログ人気ランキング
≫えっちブログなび
≫アダルト動画人気No1
≫人妻熟女出会いランキング
≫風俗エログランキング
≫Hガールズマニア
≫エログランプリ
≫即ハメ!セレクション
≫アダルトランキングAR
≫エログランキング
≫アダルトブログランキング
≫アダルトブログランキングASP
≫アダルト案内
≫[i2i]相互RankingMaker
≫大人のブログランキング
≫Hな読み物の館
≫日本エログデータベース


≫くる天 人気ブログランキング
≫R-18宇宙最強リンク集
≫Blog Rank7

Search Engine

≫日本海溝JapandeepUG
≫アダルト検索・なごやどおり
≫EROエロNAVI
≫おとなのサーチエンジン
≫アダルトxADULT
≫夜サーチ。
≫アダルトギャラリー
≫PINK BUST SEARCH
≫アダルト検索BBJapan
≫アダルト検索Sa'gasuzo
≫アダルト即索 Pinkhip
≫ブログ検索エンジン31Engine
≫アダルトサーチエンジン「X」エックス
≫やっぱりアダルトサーチ
≫アダルト検索ムヒョーアダルト
≫お勧めアダルトサイト検索所
≫アダルトエンジェル
≫アダルトトレイン
≫アダルト・ドクター
≫総合アダルト検索XAY
≫無料アダルトサイト集「エッチ」
≫Super NAVI ADULT
≫アダルトステーション
≫アダルトサーチときめきの館
≫アダルトスーパーサーチ
≫アダルトサーチPB
≫アダルトシーカー Adult Seeker
≫アダルト検索 Pink-Search
≫Ero Search
≫無料画像ねっと
≫アダルトナビゲーター
≫IKUOO!DMM
≫超エッチ裏ガイドasp
≫超エッチ裏ガイド
≫ZAYX.com
≫アダルトマニア倶楽部
≫無料アダルト検索love007
≫「アダルト缶」エログなび
≫「アダルト缶」あだるとらんど
≫アダルトランクタウン
≫Access Maniax
≫アダルト検索Googlu
≫アダルト検索PlatinumH
≫@Searchアダルトケンサク
≫ADULT THE RANKING
≫エログサーチ


≫壱番館サーチエンジン

出会いポータル


Hot Site!!

▼女性アクセス上昇中♪

▲要注目サイトはココ !!
Powered by
ウリ坊の出会いサポ

SEO Link


080831

梅雨が明けてからというもの私のバナナはとても元気でいつも同僚に羨ましがられている。
私もそれは嬉しい事なんですがいくら元気でもなかなか使うチャンスが巡ってきません。
そのことを同僚に言うとおすすめのサイトがあるというので余り期待もせず登録してみました。
すると教師をしている28才の夏海という女性から連絡が入りました。
大人っぽい女性が希望だった私はスグに「メル友でも良いのでヨロシク」と返信しました。
すると「メル友は要りません。すぐ会える人が良いんです。」と連絡がきたので私のバナナもむくむくと大きくなり次の日の夕方に待ち合わせすることにしてもらいました。
実際に夏海に会ってみるととても可愛い感じで年齢よりも幼い印象でした。
話もそこそこにホテルに向かい二人でシャワーを浴びたんです。
すると夏海は、私の大きくなったバナナを見て「とても美味しそうね。」といって口に含もうとしました。
しかし夏海の小さな口にはとても入らないので舌で亀頭の割れ目を舐めまわしてきたんです。
あまりの快感に僕は我慢できなくなったのでバナナを顔から離すと今度は夏海のことを攻め始めました。
まず手のひらの肉厚部分を、陰部やクリに当てて、指先を左右に振って恥骨や尾てい骨を振動させオーガズムを感じるまで繰り返します。しつこい愛撫に夏海は悲鳴を上げ始め私のバナナを求めてきました。
私はバナナを膣に深く挿入して膣口と男性の下腹部を密着させて、腰を前後に振動させる。
すると「イク~、イク~、イクよ」と絶叫し、快感で私の背中に爪を立てました。
私のほうも身体が宙を浮いてしまうような感覚を覚えた瞬間に射精したんです。
身体をグッタリさせていると夏海が濡らしたタオルでバナナを綺麗に拭いてくれました。
「最高でしたよ。またして下さいね。」そういうと夏海は私の股間を弄りだしました。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

080830

舞ちゃんが僕のうちにきました。いままであんまり女の子と縁が無かった僕にしてみたら夢みたいでした。舞ちゃんは学生で21歳になったばかり。舞ちゃんは彼氏が浮気したので別れて寂しいってプロフに書いてあったので、あんまりその事には触れないでやさしくしてあげて、誠実っぽく接したら僕の事を気に入ってくれたみたいでした。
この間友達と海に行ったといってみせてくれた日焼けの跡がすっごくセクシーでした。今学校が夏休みなので僕のうちにお泊り中です。ちょっとした同棲生活っていうんだろうな。僕も今週は仕事が休みなので舞ちゃんとずっと一緒にいられて幸せです。
舞ちゃんのEカップのおっぱいとくびれたウエスト、薄めのヘアーがたまりません。夕べもやりまくりでした。何回したか分からないくらいです。二人してぐったりして寝たカンジでした。この日は出かける予定だったのですが、二人してハダカで寝ていたので起こしてくれた舞ちゃんに欲情して結局夕方までしてましたww
結局この一週間の休みで出かけたのは3日だけで後はうちでエッチばかりしてました。あ、出かけたときもホテルでしたから…なんかエッチを覚えたての高校生みたいでした。
舞ちゃんとの出会いのおかげでなんだか毎日が新鮮に感じらえる今日この頃です。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080829

部屋に入ってファック!貪るようにファック!

両手を縛り上げて自由を奪い、目隠しして視界を塞ぐ。思いつきでの拘束プレイだったから部屋にあったタオルを使ったんだけど、これがなかなかイケる。
asamiも興奮ゲージが上昇してきたのかさっきから息が荒い。今から繰り広げられるエロ行為を想像しただけで、喘ぎ声が押し殺せないほど興奮するなんて!何て淫らなんだこの子は!
オレの予想通り、もうすでに体内からはトロトロと愛液が溶け出していた。それを優しく舐め上げながら手マンで激しく掻き混ぜてやると、それに比例してasamiの喘ぎ声も激しくなってくる。

「早く・・・もう入れて欲しい・・・の・・・」
と囁かれてココロもカラダも勃起率100%。暴れる獅子で濡れた洞窟に突入開始。
白く色づいた柔肌を両手で弄び撫で回しながら、熱くなった下半身を上へ上へと突き上げる。すると堪らずイキそうになってきたので、オレは迷わず幼顔にぶっかけてやった。

「すごい・・・いっぱいだね・・・」
って恥ずかしがりながらも喜んでくれたasamiの顔が、可愛くて可愛くてずっと忘れられないよ。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080828

欲求不満主婦とはよく聞くが、この忍(33)の場合は少々違う気がした。
いつものように人妻を物色していてこの女を発見し、話も弾んでこういう関係になったのだが、普通は旦那が相手してくれない、とか女として見られなくなった、などの理由が多い所。しかし、この女は、旦那とも週に数回、夜の生活もあり、結構順調の印象。しかし、性欲が以上に強く、毎日オナニー三昧らしい。実際この日も真昼間のサービスタイムで三回し、コチラの体力も限界に近い状態でも求めてくる淫乱絶倫ぶりにたまらずバイブで相手をした次第。
この底抜けの性欲で、旦那は勿論のこと、セフレの関係にある男も逃げ出すらしい。始めは冗談半分だと思っていたが、こうほぼ毎日求められては時間もそれほど取るのは簡単ではないし、私にも家庭がある。「たまの息抜きに、なんて甘い考えが良くなかったのだろうか。
セックスに依存してるといっても過言ではないこの女はきっとまだサイトに居ると思われるので一度お試しになってみてはいかがだろうか…


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080827

僕は今日もコツコツとメールに励む25歳の植木職人です。
先月彼女と別れてから、仕事が忙しかった事もあり、出会いは絶不調でした。
そしてこの前の日曜日、このサイトで久しぶりに会うことができました。22歳の「玲子ちゃん」

初めは世間話をしながら彼氏と別れた事や、好きな男性のタイプを聞き出します。
それで年上は嫌いじゃないことを確認するとすぐさま口説きモードに。
が、しかし、なかなか話が盛り上がりません…どうしようかと思った僕は今凝っている料理の話を始めました。
すると嬉しげなサプライズ!
玲子ちゃんも一人暮らしで、料理は大好きで、家に来て手料理作ってよなんて話になっちゃって、そのまま自宅にレッツゴー!!

冷蔵庫を開けると有り合わせの材料にサフランがあったので、パエリアを作ってあげました。魚類はなかったので野菜と肉のパエリアでしたが彼女は感謝感激雨霰。「すごいね~感動~」と大喜びしてくれました♪
もちろんその後、ご馳走のお返しに玲子ちゃんの体を存分に味わいながら頂いちゃいましたww
次に会う約束もちゃっかりしてきて、料理を教えてくれた元カノに複雑に感謝する僕でした(苦笑)


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080826

オレはけっこう酒が好きでその晩も一人でテレビを見ながらビールを飲んでいた。
なにげなく携帯を覗くと見慣れない女性からの返信が来ていた。
女性の名前は久美子といい今夜はどうしても眠れないらしいのだ。
少し酒を飲んでいて思考能力の無かったオレはすぐに久美子の指定するバーで会う約束をした。
店に着き中を見回すと久美子が一人ワインを飲んでいた。
隣にいき話しかけてみると少し酔っているような感じがした。
しばらく二人で飲んでいたのだがマスターが店のカーテンを閉め始め今晩はもう閉店だということを伝えた。
オレは店を出ようと思い立ち上がろうとしたのだがそのとき久美子は足元をもつれさせもたれかかってきた。
「歩けそうに無いかな?」オレはマスターにタクシーを呼んでもらった。
しかし久美子は今夜は帰りたくないという。
それを聞いたオレは、運転手にホテルに向かってもらった。
部屋に入ると時間も無いので、すぐに風呂にお湯を入れた。
お湯が溜まる間、久美子のことをいろいろ聞いてみると年は27歳でエッチは余り経験が無いという。
そんな話をしているうちにお湯が溜まったので二人一緒に入ることにした。
そして久美子のCカップの胸をボディソープで洗っていると「アッ」と感じていました。
感度の良い娘はオレは大好きなので今度は下のほうも洗ってあげたんです。
アソコに手を伸ばすとすでに濡れているようだった。
ちょっとクリちゃんを指でいじってやると「あ、いきそう」と言ってオレにしがみついてきた。
「じゃあ、今度はオレのを洗って」と言うと、すぐに「うん」と言ってちんちんを洗ってくれましたよ。
それからベットにいき咥えてもらったんだけど久美子はフェラがスゴクが上手でオレは暴発してしまった。
しかしすぐに硬くなったので気を取り直し騎乗位で挿入した。
すると久美子は凄いグラインドで締りが良く暴発寸前。最後正常位になり一緒にいきました。
やっぱり寂しがりやの女の子はねらい目だね。とくにお酒飲んでいると付け込み易いよ。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080825

僕はちょっと変わっているのか少し貧乳気味な女性を見ると興奮するんです。
先日サイト知り合ったばかりの女性も痩せ型の貧乳で僕の好みにぴったりだったんですよ。
彼女は真理といってでケーキ屋さんでパテシェ見習いをしているまだ19歳。
エッチの経験は少ないけどとっても積極的なんですよ。
マグロ状態の僕の上に乗ってきて自分で竿を握り挿入するんです。
そして腰をゆっくり落としてきました。
僕のほうは真理に締め付けられる感触にたまらなくなり突然腰を突き上げました。
すると真理は「あっダメッ!!」とエッチな声。
僕はかまわずに膝を立て両足を踏ん張ると、高速ピストンできる態勢に整えました。
そして真理が逃げれないよう両手でガッチリ腰を掴んだんです。
そして下から強く何度も突き上げてあげる。
「あっ!だめだめ・・イっちゃうから激しくしないでっ!」
真理が声を荒らげてくる。
「真理ちゃん我慢しないでいいよ!何度もイカせてあげる。」
僕はさらに強く膣口を突いた
「あーーっ!逝っちゃうっ!」
真理は大きく仰け反ると、ガクガクと全身を痙攣させながら果てた。
そして僕もそのまま一気に昇りつめ、真理の中で射精をした。
ペニスを抜き取るとゴムの先端にはたっぷりと白い液が溜まっていた。
真理はゴムを外して濡れたモノをティッシュで拭いながら「少し休憩しますか?」
と僕を気遣ってくれました。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080824

俺がこの間ココで知り合った女子大生の萌は19歳でとてもエッチが好きだ。
今は、やりたい年頃なのかいつも胸元の開いた薄手の服ばかり着て周りにフェロモンを撒き散らしている。
先日も萌と一緒にラブホテルで朝まで過ごしたのだが、その日はいつもと様子が違う。
俺は、朝から会議の為いつもより早く出社しなければいけないので萌が起きないようにそっとベットから出ようとすると気が付いたのか俺の腕を引っ張ってくる。
「もう少しの時間一緒にいてほしいよ。」
萌はそういうと俺の手を自分の胸に当てる。もう乳首が硬くなっているのがパジャマの上からでも分かった。
「萌ゴメンよ。今朝は会議があるから早めに行かないといけないんだ。」
しかし萌は「今から一回だけしようよ!」と言ってくるので俺はそれならと思い急いで全裸になった。
すると萌は俺の乳首を舐め回してきて手が少し硬くなった下半身に触れる。
俺は我慢できなくなり萌の服を脱がせた。そして硬く尖っている乳首を口に含むと萌は感じているのか甘い声を漏らす。
「お尻をこっちに向けて四つん這いになってね」
そういうと萌はお尻を高く突き出してアソコをこちらに向けてきた。俺は萌の少し膨れてきた芽を舌先で刺激してやる。
すると「もうイキそう。」と言ってお汁を溢れさせる。
俺は固く膨張した陰茎を握ると先を萌の陰部に押し当てゆっくりと割れ目の中に沈めていった。
だんだんと腰の動きを早めていくと萌は悲鳴のような甲高い声を上げた。
そのとき電流が流れたような快感が体中を駆け巡った。萌も身体をぐったりとさせている。
一瞬ずっとこのままでいたいと思ったが、すぐに上司の顔が目に浮かび急いでシャワーを浴びるのでした。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080823

【うなじ 項】首の後ろ部分を指す。襟首(えりくび)・首筋・うなぜ、とも言う。うなじの中央のくぼみを「盆の窪(ぼんのくぼ)」という。項(うな)の尻(しり)、頷く(うなずく)を語源とする説がある。

オレって病的なぐらいに「うなじフェチ」なんだよね。
だから、出会った女には絶対にうなじを見せてもらう。あわよくば写真に撮らせてもらってアルバム保存。ここまでくるとフェチじゃなくてマニアの領域だよこれ(笑)
サイトで知り合った元キャバ嬢の麻衣ちゃん。もちろん彼女にも頼み込んでうなじを見せてもらったんだけど、見て本当に驚いた。
オイオイオイオイ、この美うなじは何だ。これで着物とか着てたらもう発狂してるって。一枚だけって約束で撮らせてもらったんだけど、正直緊張して手が震えたもんオレ。

興奮しまくってたオレはハメる時もうなじを触ったり舐めたりしまくり。顔にも胸にもほとんど興味を示さずに、ただひたすらうなじうなじうなじ。麻衣ちゃんに「もー。ちょっと執着しすぎだよー。」って笑われたけど、そんなの知ったこっちゃない。こっちは稀に見る美うなじを心行くまで堪能するのに必死なんだよ(笑)


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080822

待ち合わせは分かり易いだろうと駅の前の彫像にした。完璧にアホである。冷静さを失っていた俺は外で待ち合わせをしてしまった。。気づくのが遅い。いまさら変更もなにやら格好が悪い。ここは男らしく…。そして約束の時間から20分程であろうか。気合を入れすぎな俺はもちろん待ち合わせの10分前にはそこにいた。
 計30分。くらくらと眩暈がしたが、現れた汗ばんでほんのりと顔も体も紅潮してみえる由美子を目にしてだるさは吹っ飛び、股間に血流が集中していくのがわかった。挨拶もそこそこに目的地(ホテル)に由美子を誘導。由美子もその気なのでお互いになぜか早歩き(笑)さて、ホテル街に到着した訳だが、週末のせいかどこも満室。待っても空室などできない事は確定。さすがに由美子も俺に対して微妙な態度。しかし、俺のムスコは治まらない…ホテルのロビーで涼をとりほんの少し冷静さを取り戻した俺は、由美子に時間の余裕がある事を確認して近くにある大きめの公園へ散歩でも…と、誘ってみた。噴水や池、林もあってちょっとした所である。普段は行かないし、由美子もたまにはそういうのも、と当初の目的を外れたが、年甲斐もなくデート?に転換。さすがにこの時期だと公園には人もまばら。今更ながらにお互いの事を少し深く話したりして木陰のベンチに座った。
由美子の胸元が頭にチラつき、汗ばんだ肌と、魅惑の谷間に抑え切れない劣情。と、目の前に公衆トイレ…俺妄想が暴走し、爆発。
「アレ。」指をさす俺。
「アレって…トイレ?」怪訝そうな由美子
由美子の手を引き強引に、多目的トイレの個室へ連れ込む。冷房こそないが、換気も清掃も行き届いている。鍵をかけると由美子の美乳を揉みしだく。嫌がりつつもチンポ目的のエロモード欲求不満の人妻の理性なんか簡単に崩壊。次第に色っぽい声を漏らす。便器に座らせ、充血して硬くなったムスコを由美子の口にブチ込む。頭をつかみ前後に動かす。こういった擬似レイププレイは以前からしてみたかった。興奮が抑えきれずそのままぶちまけた。由美子は少々むせたが、ヤル気満々の由美子もまたすぐにしゃぶりついてきた。野生度MAXな俺は負けじと由美子の片足を便器にのせ、立った体勢で汗と愛液でとろけそうな卑猥な万個をぐちょぐちょと音を立てて手マン。余程快感だったのか、大量の潮を吹き、ガクガクと腰を落とした。俺は壁に手をつかせ、立ちバックで美乳を揉みしだきながら思いっきり腰を振った。「アーっ」と動物のような声をあげ、由美子は絶頂。俺もそのまま今日二回目の劣情を由美子のナカへ注ぎ込んだ。
ほんの10分程であったが、二時間にも三時間にも感じられた。
事が済んだ後、二人して熱中症気味だったが、一休みして来た道を戻ると、「空室」の文字が。これにはお互い苦笑いをしつつ、結局ホテルで休憩…のハズがお泊りに(笑)シャワーを浴び、涼しい部屋で大人のセックスを堪能しました。


…たまには野生的なのもいいですよ(笑)


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080821

えっと、今日は最近お気に入りのおちんちん大好き娘の有紗ちゃんとの戯れ話っす。
車でドライブしてると股間をニギニギはにかむ笑顔。
上目遣いで「フェラってあげよっか?」ジュポジュポチュパチュパ…ドピュ。気持ちい~い。
ファミレス着いたらテーブルの下でチャックを下ろしてコキコキヌルヌル…ピュッピュッ。やばいっす。
自宅に戻って玄関上らず、土間でズボン下ろされパクっと!
二度発射してもムクムクと大きくなる俺のおちんちんに嬉しそうにしゃぶりつく有紗ちゃん「おちんちんだ~い好き、後ろから突いて~」とおねだり。
下駄箱に手を突かせ、バックでフルボッキした生チン挿入ww
バックで挿入したまま突きまくり、居間の方へと移動中「あんあんあん」とリズミカルな喘ぎ声まで出しちゃって♪
ベットに着けば馬なり騎上位、自らの激しい前後運動に「あ~んイイ~イッちゃう~」と前のめりにうなだれ絶頂。
「最後はお口に出してね」と嬉しい事を言ってくれちゃう有紗ちゃんに、ソファーでフェラってもらって、三度目の口内発射をしてしまいました。
「今日もいっぱい出たね」と、日々精力の限りを吸い取られている嬉しい限りの日常でした。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080820

この間知り合った娘は泉といってまだ23歳。
将来有望な?女優の卵らしい。
その泉とは身体の相性が凄くいいみたいで俺の息子にピッタリくる。
胸も適度に大きくわりにツンと上を向いていて先には色は薄めで形のよい乳首がのっていてけっこう感度もいいみたいだ。
初めて会ったときから、泉は積極的でいつも2ラウンドはしてしまう。
先日も二人でビールを飲んでいると大きな胸を押し付けてきて「二人って相性いいよね。変な気分になってきたみたい。」と言ってきたんです。
ブラウスから見えるハーフカップブラからこぼれそうな胸を見て俺は「絶対犯してやるからな!」と思い、服を全部脱いで泉の顔の前にすでに半立ちになっていたチンポを突き出していた。
すると泉は、「今はビール飲んでるから少し待ってね。」と言っていたが俺はかまわずにブラウスを剥ぎ取り口の中にチンポを突っ込んだ。
すると泉も慣れた舌使いでシャブシャブし始めると俺はすぐに我慢できなくなり口の中から引き抜いた。すかさず泉のパンティーを剥ぎ取りクリトリスにビンビンになっていたチンポを擦り付けた。
すると泉のアソコからエッチな汁が垂れてきたので後ろ向きにしてお尻を突き出させて大きく硬くなったチンポを突っ込んだ。泉は自分のほうから腰を振りはじめたので快感に耐えられなくなった俺は「もっとゆっくり。ゆっくり…」と声を出した。
しかし泉のほうはさらにスピードを上げ腰を振ってきたので俺はチンポを抜いて泉の可愛い顔にかけてやった。泉も満足したらしく顔をべちょべちょにしながら笑みを浮かべていた。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080819

僕は、自分でこんなこと言うのもなんですが結構イケメンで仕事もバリバリできるエリートサラリーマンなんです。
でも普段のストレスのせいか普通のHでは我慢できず変態プレイでしか満足できないんです。
先日知り合った奈津子は、23歳で保母さんの仕事をしているというので僕は思い切って自分の性癖のことを伝えてみました。「僕と幼児プレイごっこしてくれないかな?」
ちょっと不思議そうな顔をしていた奈津子ですが、もともと子供好きなのでスグにOKしてくれました。
まず僕は、奈津子にオムツをしてもらい少し小ぶりなオッパイを飲ませてもらいました。
奈津子も興奮しているのか、乳首をビンビンに硬くさせています。
僕が固くなった乳首を指でくりくりしてあげるともう我慢できないらしくクンニしてほしいとせがんできました。
奈津子のお願いに僕は子供になりきって一生懸命に舐めてあげたんです。
身をよじらせて感じてくれる奈津子を見て僕は、オムツを外して後ろから挿入してあげました。
すると奈津子のあまりの気持ちよさに泣き叫ぶ声が部屋に響き渡りました。
僕の欲望を奈津子の身体に吐き出すとようやく声は静まり身体をピクピクと痙攣させるのです。
こんな変態プレイを理解してくれる奈津子とは当分別れるつもりはありません。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080818

下半身のだらしなさには定評のある私だが、今回もやっちまたった。
とはいっても手当たりしだい会った女をどうこうするという訳じゃないんだけどね。
久々に20代のこんな美人をゲットして舞い上がってたのもあった。いつも暇な奥様相手が多かったから、デートなんかしてテンションもあがっていた。少々高い店で普段食べたりしないディナーなんかで飲みなれないワインなんか飲んだのも良くなかったと思う。
少々強引にホテルに入り、冗談半分で撮影会だ~なんていって変態的に写メをとったりしたのも覚えてるんだけど…
アップにしてるエミのうなじに欲情を抑えきれず、服の上から強引に乳をもみしだき、エミの口を塞ぐように乱暴なキスをして、服を半分脱がせてイラマチオのように激しく咥えさせて高まった私の劣情をふちまけた。
服にもちょっとかかったみたい。
エミはその場で呆然としてた。そりゃそうだ。部屋に入ってからの展開がおかしすぎた。
せっかくいいチャンスを与えてくれた神様ごめんなさい。
一回謝らせて欲しいとエミに連絡した。一応来週に会う約束ができた。
今度は酒は飲まないと心に誓ってみる。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080817

周りを見渡せば薄着の女。ほぼ半裸といってもいいくらい露出度の高いかっこしてプルプルとパイオツを揺らし歩くおねーちゃん。オレに犯罪者になれと?
こうも暑いと脳みそが茹って変な気を起こしそうで怖いので、そうなる前にサイトで俺のこの頭と股間をクールダウンしてくれる相手を探してみた。
全部で7人くらいかな、お誘いメールをしたが、暑くなっておかしくなってるのは男も女も関係ないようで、少々小躍りしたくなるくらい結構な人数のお誘いを受けた。とりあえず、話の早そうな人妻三人に的を絞った。その中でももう理性が決壊しかかった若妻ミホ26才に決定。ミホは旦那が仕事で留守にしがちらしく、欲求不満。ここぞとばかりに俺の気を引くためなのか、それとも趣味なのか、派手な下着の写真をそれも自慢の乳やまん○をアップにして送ってきたりした。これには頭もちん○も沸騰させられ、面接決定。
玄関出るときにはもう準備は出来てたってくらい、飢えてたっていうんだから、世の中のセックスレス夫婦、深刻だねぇ…あ、オレは独身だからわかんないんだけどさ。
待ち合わせに来たミホをみてびっくり。ほんと、そんな事するように見えないっつうか、奥さんて感じじゃない。ヤリヤリ女風でもない、普通のおねーさん。このギャップにはカナリやられた。もうこうなったりオレもアクセル全開!ミホの腕を引っ張るくらい全開w
妙齢の美人とおっさん。夫婦というのには何か他人行儀な空気感。不倫は一目瞭然。足早にホテルに入る。部屋に服を脱ぎだすミホ。例の派手な下着とお顔のギャップは不思議となくなっていた。っつうかもうオレ頭のなかエロしかなかったし!派手な下着にこれまた派手なシミを作って準備は万端。前戯れもなくオレのちん○はすんなり糸引きヌルヌルの壷へずっぽり!ミホの体温やら感触やらを堪能するためにピストンは控えかき回す。ミホは我慢出来ずに自ら腰を使い、エロい音を立てて本気汁を垂れ流しながら喘ぐ。騎乗位で昇天したのを確認して、正上位で高速ピストン。はじめの焦らしとのギャップが良かったのか、よだれをたらし泣きながらまたまた絶頂に。オレもたまらずちん○を抜いてミホの白い肌にぶっかけてみた。汗なんだかなんとか汁なんだかわからないんだけどぐっちょぐっちょになってみた。
クーラー効いててよかったけど、汗だく汁だくになりました。
来週も違う人妻と汁だくになる予定です。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080816

ボクは田舎暮らしなのでなかなか若い娘と出会う機会がないんです。
たまにあったとしても、ボクのシャイな性格のせいかなかなかホテルまでたどり着けません。
ただその日に連絡のあった麻衣子さんには積極的にアプローチ出来ました。
もともと都会暮らしの彼女は25歳でこちらには仕事の関係で来ているという。
思い切って誘ってみると麻衣子さんは「もちろんよ。」といった感じでOKしてくれました。
ボクはラブホテルは、余り行くことがないのでとても興奮しました。
さっきまで乗り気だった麻衣子さんは、部屋に入ると少しおびえた感じで腰が引けているんです。
そんな麻衣子さんを見るとボクのSの血が騒ぎ出してしまった。
麻衣子さんをベットの上にひざまづかせるとボクはそのまえに仁王立ちになりそのままフィラチオしてもらった。「さあしゃぶれ!」
そういうと麻衣子さんは少し上を向きながらジュルジュル音を立てて舌を絡みつけた。
ボクは余りの気持ちよさに「くうっ」と声を出してしまった。
麻衣子さんは、亀頭の裏側を舐めたり側面に舌を這わせてくるのでたまらず口の中に生暖かい液体を発射してしまった。
すると一気に身体の力が抜けてしまったが久しぶりだったせいかすぐにボクのチンチンは硬くなってきた。
「今度は麻衣子さんを気持ち良くさせてあげるね。」
そういうと彼女の服を脱がせてあげました。
その後二人は何度も求め合いまたホテルに来ることを約束してもらったんです。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080815

暑さが増してきて煩悩が脳内に増殖してどうにかなってしまいそうなので久々に丹念にサイトを巡回してみた。いつもはその場その場でやっつけ的な感覚で相手を見つけてきたが、たまには自分の好みを追求してみようかと思って携帯を握り続けた。そして発見!!華帆ちゃん(23)
いや、本当にお盛んな奥様方と違って爽やかな感じ。みずみずしい。フレッシュですな。好みを追求した筈だが、タダのエロオヤジなだけで、可愛くて巨乳なコ…である。好みじゃなくてタダ欲望の追求になった結果である。
華帆ちゃんも夏になるとうずうずとするのか、最初からホテルに行く方向で話が進んだ。一瞬、美人局か?と思うくらいスムーズに。明るくて開放的というかこちらが恥しくて一瞬ためらうような淫語も普通にしゃべる。
イイ時代になったもんだ。
事前にもらった写真が結構上玉な雰囲気だったのでラブホではなくちょっといいホテルをとったのも良かったのかも。部屋にはいると下着姿ではしゃぐ華帆ちゃん。広いベッドでごろごろしてり、とても可愛い。一緒に風呂に入りお互いの身体を洗いあったり、恋人気分を満喫。ベッドでのプレイも欲求を求め合うだけじゃなかった情熱的なキス、丹念なフェラ、激しい腰使いと可愛くも甘くいやらしい喘ぎ声…
久々にいいSEXをしたとか、こんなコとエッチできるなんて…と余韻に浸って一息つきながら、こんな時間が続けばいいのに、と年甲斐も無く思って何気なく華帆に聞いてみた。すると、遠距離の彼氏との予定がキャンセルになったらしいことが判明。ああ、もう頭も身体も合体モードだったわけね。納得。じゃなきゃ、こんなオヤジとこんな事…と顔で笑って心で号泣してたのは秘密。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080814

僕は仕事柄女性と出会う機会がなくずっと淋しい思いをしてました。
しかしそんな僕にも最近、翔子という29歳の女性と知り合うことができた。
彼女はナースをしている為時間が不規則なのだが僕も夜勤の多い仕事なのでお互いに時間を合わせやすい。
それなのでいつも明るい時間からホテルでデートだ。
「今日はいっぱい気持ちよくしてあげるからね。」
そう言って僕は、翔子のちょっと丸みの帯びた腰をゆっくりと上下に突いてみる。
すると翔子は身体を仰け反らせてピクピクと反応させるだ。
僕は気持ちよさにだんだん我慢できなくなってきて両足に力が入ってしまう。
「翔子さん気持ちいいよ。」そういうと腰の動きを大きくする。
「私も‥もっと奥までお願い!」
そう言うと翔子は膣の中から透明な液体をあふれさせる。
二人は、お互いの結合部に全神経を集中させているようだった。
僕はたまらなくなり「翔子さん!」と叫び腰の動きを早くする。
「まだ、まだダメ…」
その時僕の身体は、ヒクヒクと絡みつく秘肉の感触に我慢できず「うお~っ」と叫びながらマグマを放出してしまった。
すると翔子も身体をビクン痙攣させたかと思うと「あああっ!」という絶叫と共に逝ってしまったようだ。
僕がぐったりして放心状態でいると
「もう一回お願いね!」
翔子は、笑顔でそう言うのでした。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080813

週末に、昌美という24歳の女性からメールがありお金がなくて数日間何も食べていないという。
私は、半信半疑だったがその日は時間が合ったこともありその昌美に付き合ってみることにした。
実際に会ってみると年齢よりは幼く見えたのだが胸のほうは結構成長していた。
お寿司が食べたいというので、行きつけの店に行き一時間ほど食事をした後分かれようとすると今度は泊まるところがないので一緒にホテルに行きたいと言ってきた。
私は家で妻が待っているので泊まることはできないと断ると寂しいから少しの時間だけでも一緒にいてほしいと今にも泣き出しそうな顔をする。
そんな昌美を見た私はすっかり警戒心も薄れ少しだけホテルで付き合うことにした。
部屋に入ると食事のお礼といって私の背中を流してくれた。
でも恥ずかしいのかタオルはつけたままだ。
背中を流し終わると今度は私の固くなったちんこを細くて白魚のような手で触ってきた。
その柔らかい手の感触に私が身体を震わせていると指の動きが速くなってきた。
私が我慢できなくなり昌美のタオルを外すと少し小ぶりだが形のよいおっぱいが出てきた。
「出しちゃって良いからね。」昌美がそういうと同時に手の中に熱い液体を出していた。
私は結局朝まで昌美と付き合ってしまったが、その後妻に知られるのではないかとビクビクしています。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080812

ボクは今、熟女と不倫してます。
もともと風俗で遊ぶのが好きなのでいつもマグロ状態になってしまい若い女性とエッチしてもなかなか満足してもらえませんでした。
その為にせっかく付き合い始めても失恋を繰り返すことが続いてしまいとても淋しい思いをしていました。
しかし最近知り合った直子さんは、33歳でボクよりちょっと年上なせいかエッチのときにいつもボクのことを優しくリードしてくれます。
そのあまりのテクニックにボクは、いつも我慢ができず何度も発射してしまうんです。
そんな直子さんと先日念願の不倫温泉旅行に行ってきました。
その温泉は、夜になると混浴になるのでボク達二人は他の温泉客のことも気にせずに洗いっこしたりして楽しんでいました。
温泉から出て部屋でくつろいでいるとマッサージ師の女性が来て「気持ちの良くなるマッサージがあるんですが、いかがですか」と言ってきたんです。
そう薦められたので直子さんがマッサージを受けることになりました。
女性マッサージ師の手が動き始めると、直子さんは身体をピクピク震わせて恥ずかしい声を上げ始めたんです。
ボクはこうゆうマッサージだったのかと、ビックリして直子さんを見守ってました。
マッサージが終わるとボクは、さっさと料金を払って女性マッサージ師さんに帰ってもらいました。
「声凄かったね、ずっとイキっ放しだったでしょう」と言うと、直子さんは恥ずかしそうにして身体を手で隠しました。
そんな仕草を見てボクはもう我慢ができなくなって襲ってしまいました。
気持ちの良くなるツボを沢山刺激されていた直子さんはいつもよりも感度がいいみたいでボクが身体を舐めて上げると下の口から恥ずかしい汁をあふれさせました。
いつもより興奮した二人は朝まで何度も求め合いました。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080811

無事に配達が終わりなにげなく携帯を覗くと千佳という名前で「今日暇してます」といったメッセージを見つけた。いつもならスグに削除してしまうのだが気になったので返事を出してみた。すると暫くして自己紹介と写メを送ってきた。
千佳は24歳で遅い時間でも会えるらしい。
イタズラなのかな?と思いながら写真を見てみると俺のストライクゾーンだ。
早速俺はホテルの駐車場で会う約束をした。
それからは急いで仕事を終わらせ車を走らせる。
そしてやっと待ち合わせ場所のホテルに着いたが駐車場にはそれらしき人影は見当たらない。
俺は、まだ着いていないのかな?と思いタバコに手を伸ばした。
すると千佳から「まだ着かないの?」とメールが来た。
返事を出してみると先についていて玄関前で待っているというのだ。
急いでホテルの玄関前に向かうと送られてきた写メと同じ顔の千佳がいた。
一瞬だけ美人局かな?と不安に思ったが股間がもう理性を失っている。
部屋に入り千佳のスカートの中に手を入れようとすると、「ダメ…シャワーしてからね」と言うので、一緒にシャワーを浴びてからベッドへ…。
キスをしながら、千佳の身体からタオルを外し、首筋から胸、乳首へ唇を這わせた。
「ああ‥」千佳はおもわず身をよじる。
俄然、興奮してきた俺は、千佳の足を広げると、クリトリスから小陰唇を舐めてやった。
すると腰を波打たせ、激しいよがり声をあげるとオマンコからは白く濁った汁があふれ出した。
 「あぁ…、もう…我慢できない!」たまらないといった感じで、千佳は求めてきた。
コンドームを装着すると、彼女の足を広げて、一気に挿入した。
両手で形のいい乳房をもみ上げて反応を楽しみつつ、強弱を付けながら突き上げると髪を振り乱し、やや押し殺してた吐息がやがて「だめ!いきそぅ」と変化していく。
俺のほうも尿道の奥に走るむず痒さが徐々に快感に変っていくのを覚えた。
「気持ちいい…」と千佳が言うと身体をぐったりさせそのまま眠ってしまった。
この後、俺は千佳の身体の感触を思い出しながら一人でシャワーを浴びるのでした。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080810

それにしても年上はいいね。いやいやマジで。年上の子だと自分が年上ってことをデメリットと感じるみたいだけど関係ないって。
「ユーイチくんって何歳?」
「俺は26歳だよー。mikaさんは?」
「やっぱ私の方が年上だ!29歳だもん。てか年上でもいいの?」
「うん。年上の方が話合うし。」
なんてやり取り。ま、年下には年下が好きって言うんだけどさ。
因みに、mikaさんとはメールの時点で『ホテルへ連れ込みOK』が確定してるので、会う前から期待も下半身も膨張しまくり(笑)

ホテル入ってキスしながら部屋へin。さりげなくチンコをスリスリ擦られてもうビンビン。
「舐めて?」
「ん?ちゃんとお願いしてみて?」
「舐めてください。」
「ンフフ。いいよー。」
何なんだこのSっぷりは。俺がちょいMだってなんで知ってる!
そしてさすが年上お姉さんのフェラテク。やたら責められながら、気がついたら必死でフェラ撮りしてたし(笑)


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080809

僕は、容姿もイマイチでただ真面目が取り柄のとても冴えない中年です。
結婚はしているのですが、もうかれこれ数年セックスしていません。

そんなある日見慣れない名前の娘からメールが来ていました。
「エッチなおっさんですよ。」と返事をすると、「私、若い人には興味ないの!」という嬉しい言葉。
これはチャンスと自分に言い聞かせスグに話を進めました。

逢ってみると年は18歳で名前はユミと言っていました。
とても細身であまり経験がないらしい。

僕は息子だけは太いのでそこだけ自慢なんです。
そのことを言ってみると不思議な顔をして早く見てみたいとせがむんです。
ユミの気が変わらないうちにと近場のホテルの部屋に入り二人でシャワーを浴びることにしました。

お風呂場ではユミが僕の息子を弄ってくるのであっという間に大きくなってしまいました。
僕もユミのまだ膨らみかけの胸を揉んで可愛い乳首をコリコリしてあげました。

胸は小さいのですが敏感らしく身体中をピクつかせているようです。
僕は指を茂みの中に這わせてクリトリスもマッサージしました。
するとユミの足が開いてきたので自分の息子を思わずあてがってしまいました。
「痛い!そんなの入らない。」大きくなった息子は入らないらしい。
スグに引き抜いてユミのアソコに吸い付きました。
そしてすかさず悲鳴を上げさせるテクを使いました。
するとユミは「イキそー、イクイク」と絶叫して、僕の背中に爪を立てるのでした。
もちろんベットの中ではヌルヌルになったユミの中に入れてあげましたよ。

最近は、おっさんでもまだまだ捨てたもんじゃないよなって思ってます。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080808

田中玲菜をちょっとギャルチックにした感じの美香はエッチにおませな女の子。
ホテルのバイブを買って、風呂場で勝手にオナニー始めちゃいやがんの(笑)
あまり女のオナニーを見た経験はないのだが、一人よがりをする姿に大興奮!!
散々エッチした後なのにもう①ラウンドするハメに・・・

バイブを片手に「あっダメ…イキそう!オモチャでイッちゃうよ~」なんて言いながら、悶えまくる美香のクリの辺りを擦って刺激してあげると「あぁ~ん、イキそう、いや~イク~」なんて言うので、バスタブに手をつかせてお尻を突き出させ、後ろからブチ込んでやりました。
美香は「あぁぁ~ん、気持ちィィ~!気持ちイイ~!」と絶叫していましたが、④ラウンド目のオレは思う様に腰が動かないのでバイブをクリに押し付けお助けプレイ「あぁ…すご…やばっやばいよ~」と全身震わせ膝からガクッと。
もう一度射れる元気もないオレは、美香の顔がちょうどチンコの前に来るように崩れ落ちたのでお口にチェンジでこの日四度目の少量の精子を口の中に放出しました。
段々とエッチに対する要求が大きくなっていく美香に、満面の笑みを浮かべる今日この頃でした。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080807

先週ゲットした恭子は、28歳で歯科助手のパートをしているというとっても清楚な感じの女性なんです。
明るい笑顔とムチムチしたお尻が魅力的で男がいないというのは信じられない。
恭子にそのことを聞いてみると結構言い寄られることはあるのだが自分は年上の男性にしか興味がないという。
そんな可愛い恭子は、オモチャで遊ぶのが好きで今日もネットで手に入れたちょっと大き目のバイブを持ってきていたんです。
早速僕が箱を開けてバイブを出してみると、恭子はそのあまりにおぞましい形に顔をひきつらせた。
「ちょっと恐いよ。いつもの細いのにしよ!」
僕は恭子を無視して電池を入れてスイッチを入れた。
そして恭子の乳首にバイブをあてがいわき腹を這わせてみた。
すると恭子は呼吸を荒げてきたのでパンティを脱がし栗にバイブを擦り付けてみた。
「はあ、はあ、もうダメ早く入れてください。」
その言葉を聞いて僕は興奮し足を大きく開かせた。
すると恭子の恥ずかしい部分が丸見えになってトロトロに濡れた膣口から汁が垂れているのが分かる。
僕がバイブを動かすとそれにあわせて恭子も腰を振ってくる。
「もっと!もっと奥のほうまで入れて!」
僕のほうはそんなエッチな恭子に興奮してしまいバイブを引き抜いて硬くなった自分のものを入れてみた。
恭子の身体がピンと硬直し膣口がひくひくしてきた。
「あっ」と小さく叫ぶと全身を震わせ恭子は逝ってしまいその瞬間僕も白い液体を放出してしまった。
「かわいい顔だよ。」そういって僕は恭子にキスをしてやりました。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080806

私は、最近知り合った人妻に夢中なんです。

彼女は亜矢子といって、胸は少し大きめで形が良いのが服の上からでもわかる。
初めて会ったときもちょっと見えるその谷間に思わず視線が行ってしまった。

しかし亜矢子は、今夜は旦那が早めに家に帰ってくるからと言うのでお互いの紹介もそこそこにホテルに向かうことにした。

清楚な感じとは違ってベットの上での彼女は積極的だった。
すると自分のほうも興奮してしまい彼女の身体に飛びついてしまった。

亜矢子のアソコからふんだん溢れ出す甘い蜜。

今日は大丈夫だというので、私は生のまま濡れそぼった亜矢子のアソコに挿入してみる。

やはり生だと刺激が強いのか亜矢子のアソコがヒクヒクしながら、私のモノをキュッと締めつけてくる。

おもわず腰を大きめに振ると彼女の身体が痙攣を起こしたように、ビクビク反応する。

ずっとこのままでいたい。

そんな想いとはうらはらに、私の息子は我慢できず。数分で果ててしまった。

亜矢子のほうもぐったりしているみたいだ。

しばらくして亜矢子は時計を見ると急いで帰って行った。

人妻は結構いそがしいんだな・・・。でも凄く気持ちよかったよ。

こうして私は人妻にはまってしまった。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080805

吉原勤めの亜佐美。27才でもう風俗歴が10年…高校生から?色々ありそうだし深くは聞かなかった。超は付かないが高級店でナンバー入りしてるから私のボーナスをひと月で稼ぐ。いつも西日暮里か大久保の安ラブホで済ませる私を渋谷のリッチなラブホにご招待。なにもかもが違う快適空間…クセになりそうだが財布がそれを許さない。

イク演技に疲れてる彼女を、素でエクスタシーに導くのが今回の私の任務だ。だったのだが、いざプレイに入ると亜佐美の至福のテクに夢見心地。前立腺を刺激されると思わずヨガル私…早々に一本抜かれてしまった。いよいよ私の出番だが、ダメ出しのオンパレード。クリちゃんやアナルの舐め方指導を受けながら懸命に奉仕。どうやら本気で感じ始めて来た亜佐美のパイパン赤貝ちゃんに、自慢の大砲を装填。子宮を貫く勢いでパンパンパンパン。

あ~熱い!!オマンコ溶けちゃう!!もうダメ~ッ、イク~ッイク~~ゥ!!
髪を振り乱し、シーツを掻きむしり、全身を痙攣させながら大絶叫。シーツは淫水でビッショリ。彼女のアクメは獣のように激しかった。

私の一心不乱なご奉仕のおかげで、数年ぶりにこんなに激しいアクメを感じたと喜んでくれた亜佐美。ラブホを出るとこんどは、感謝のしるしと言って自慢のBMで赤坂の料亭へ私をご招待だ。ソープ以外に企業家としての顔を持つ多忙な彼女だが、毎月会いたいと言ってくれた。もちろん断る理由など何一つない。家庭持ちの私だが、仕事に追われつつ家族サービスを強要される日々に対する素敵なご褒美ということで問題なしだ。

ちなみに彼女、店での年齢は二十歳。吉原年齢ってやつだそうだ。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080804

久しぶりにお昼のランチSEXを楽しんで来ちゃいました。
しかも写メ通りの美人奥様。

旦那が会社に行ってるお昼過ぎ。
家の炊事洗濯を全て済ませて待っていてくれる絵理さんのご自宅にご訪問。
何気に俺の分のお昼まで作ってくれっちゃって感激です(涙)
絵理さんが作った手料理を頂いて、いよいよ…寝室のベットでイチャイチャランデブー♪
旦那との営みをしている場所でヤルなんてって考えながらかなり燃えちゃいました(笑)
そして、言葉責めが好きだと言う絵理さんを「旦那とここでやってるんだろ~」と下手な煽りで困らながら変態プレイの幕開け!
ネチネチと卑猥な言葉を発し続けると絵理さんは「もうやだ~入れたくなっちゃう~」などと甘い言葉で誘惑…たまらんねぇ。
絵理さんのマンコに指を突っ込み掻き回し、グチュグチュ音を立てピクつくマンコに生挿入!!
先っちょだけ入れ、抜き差しして「奥まで欲しいだろ~」と問いかけると「焦らさないで奥まで入れて、早く~」だって…俺って馬鹿?
もう我慢できなくなった俺は、正上位からバックに体位を変え、ベットの頭の部分に手をつかせ、猛然と突きまくり、枕に顔を埋め「あっあ~くぅ~いや~」と悶える絵理さんのお尻に大量の精子をぶちまけました!!
「また来週ね~」なんてお別れの言葉をかけられて、イケナイ酒屋さんにでもなった気分です。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080803

昌美さんは43歳の人妻。お世辞にも美人とは言えないが、20代はその豊満な身体目当てにそれなりに男が言い寄って来ただろう。時は残酷なもので、その豊満さ故に引力の影響を受け過ぎてしまったようだ。まあそれでも十分にエロい身体だが。こんなにエロフェロモンを放ってるのだから問題なかろうとホテルへ向かうと予想通り。自ら腕を組んでホテルへIN。

ガウンも着けずにシャワーから出てきた昌美さん。思った以上に熟練されたディープキス。キスをしながらガウンを脱がしてくれる。愚息への刺激も忘れない。情熱的な唇が近付く頃にはテラテラとイヤラシイ液体をたらしていた。どうやら彼女の口のなかには別の生き物が棲んでいるようだ。何本舌が生えているのかと思う程に激しさと優しさが入り混じったタッチ。もちろん口内に発射。その後お互いに快感をむさぼり合い、ムードが高まった所で生挿入。あぁ、とかすれ気味の喘ぎ声がたまらない。かなり頑張って長めのピストンをこなし、我慢の限界といったところで昌美さんが先にイッて、自分にすがり付いて来たので、愚息が脱出することが出来ずに…気持ちよかった。ホテルを出て別れるまで、こちらから中出しの話をすることはなかったが、昌美さんも楽しそうにお気に入りのドラマの話などしていたし、大丈夫なんでしょう!?


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪


080802

先日、田舎に帰省しました。束縛気味の彼女から束の間の開放を楽しむため、一週間前から色んなサイトを検索して、確実に会えそうな子を確保することが出来ました。実家に落ち着く間もなく彼女に待ち合わせの連絡すると、楽しみに待っていてくれたようで、直ぐにOKの返信がありました。田舎の子は純朴でいいですね。

土曜の午後2時からと、女の子に会うには早い時間帯だけど僕も暇だし、彼女も友達がみんなで旅行に出かけて独りぼっちで寂しくて、早く会いたかったようです。遊ぶところもわずかなこの町、すぐにすることもなくなり僕のやや強引なお願いに押され、彼女の部屋に場所を移します。言い遅れましたが、彼女は地元の喫茶店でバイトしている19才の真理ちゃん。金銭面から大学には行かなかったけど、友達はほとんど大学に進学し、なかなか遊べなくて寂しい、そう言う彼女のうつむいた表情に思わず抱きしめてしまった僕でした。

僕にとっては珍しく、そのまま彼女をそっと押し倒しキスをしようとすると、驚いた彼女は「えっえっ?まだ会ったばかりだよ」と抵抗して来ました。それでも優しく抱きしめて頭を撫でてあげていると、ふっと力が抜け僕を見詰め、瞳をとじてくれました。真理ちゃんのやわらかくて可愛らしい唇の感触に感動です。舌を入れるとビクッとしましたが健気に舌を絡めてきます。しばらくすると、熱い吐息が漏れ始め、小鳥のさえずりのような喘ぎ声。それも一生懸命出すのを我慢しています。それがあまりに可愛くて、僕の股間はギンギンです。

徐々に服を脱がしてゆき、パンティに手を入れると、真理ちゃんの控えめな反応とは裏腹に、もう濡れ濡れです。僕は今までの優しい愛撫から一転、真理ちゃんの大事な所を激しく掻き回しました。すると身体を仰け反らせて、僕にしがみつき、遂に悲鳴のような喘ぎ声です。理性の堤防が決壊した僕は、小さなクリクリを舐めまくります。それから30分以上スベスベの身体中を舐め回し、いよいよ挿入しました。その時、小声でイタッと発したけど、じっくり前戯したおかげか、そのあとはウンウンと可愛い声をあげながら自分から腰を振ってきます。途中、おっぱいやお尻を舐めたくなって抜くと、僕のモノを握ってねだるように僕を見詰めます。その瞳に負けてまた挿れてあげます。正常位・バック・騎乗位・正常位…コンドームを外すと驚くほど出てました。やっぱり可愛い子とだと出が違いますね。あ、僕の大好きな騎乗位は「恥ずかしい」「イヤ」を連発してほとんど出来ませんでした。それも真理ちゃんなら許せます。許せるどころかそれを見て、また硬くなっちゃいました。おわったあと呼びかけても、気絶したように無反応になってしまい、ちょっと驚きましたが、1時間ほど一緒に寝ていたら僕の手を握ってきてくれてひと安心。それからシャワーで洗いっこしてバイバイ。バイバイチューも彼女のほうからしてくれて、帰りはずっとニヤニヤ。

結局十日間いて、一週間は真理ちゃんと一緒に過ごしてしまいました。束縛気味の彼女とは別れて、真理ちゃんをこちらに呼ぼうと決心した僕です。


≫‥本日の投稿サイト‥≪

≫‥携帯からはコチラ‥≪



Powered by FC2 Blog